2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

性開発された記録を映像で残していた妻の過去

この記事の所要時間: 132

奥様が処女だった方は該当しませんが、そうでない場合、奥様の過去をどれだけ知っていますか?

非処女だった場合、奥様の恥穴に少なくとも1本の男根が突っ込まれたことになります。

初めて奥様と結ばれた時、奥様が愉悦に肢体を喘がせたなら、既に男根によって与えられる快感を知っていたと言うことです。

それは1回や2回で知ることは出来ません。股ぐらを開かれて、恥しい秘唇をめくられ、淫豆包皮を剥かれて舐められて、何度も何度も男根で膣壁を撫でられないとそうはなりません。

しかも1本でないかも知れません。何人もの男の性欲処理に恥穴が使われたかもしれません。

 

結婚7年、37歳の私の妻は29歳です。柔らかな白いもち肌の上品な淑女です。爽やかな笑顔のとても清廉な奥様です。

私の妻は18歳で初体験しました。あまり綺麗な画像ではありませんが、ほぼレイプ状態の処女喪失の動画が存在します。

その男は妻の中学時代の教師です。19歳の時にはもう一人別な男が妻を抱いている動画もありました。

そして妻が20歳の時、3人目の男が登場します。その男に抱かれている妻は、前の二人とは比べ物にならない過剰反応で乱れるのです。そこには上品の欠片もありません。

その3人目の男は私です。

私がテクニシャンなわけではありません。性器同士が奇跡の相性だったのです。

映像は、撮られている事を私は知りませんでした。

 

妻がどのように処女を失い、その後どのように性開発されたか記録があります。それでも私は妻と結婚しました。

理解できない方もいるでしょうが、妻は脅されて撮影されただけで、気立てのいい女です。

映像の有無は別として、私のように、自分の奥様の過去をご存知の方いますか?

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年3月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報