2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

たまたま入院した病院に嫁の叔母が看護婦として働いていた時のこと

この記事の所要時間: 336

先月骨折で入院を2ヶ月したときの話です

私は36歳になるまあまあ女遊びしてる既婚です。

バイクで通勤中左手と左足を骨折して外科に入院しました。

たまたま入院した病院に嫁の叔母尚子さんと言う43歳になるむっちりした看護婦としていて面倒みてもらいました。

風呂やトイレもひとりではできない私によくしてくれました。

入院して1ヶ月過ぎた頃嫁とも女ともセックスしてない私は我慢の限界でした

ナース服を見るとたまらにくそそります。

白い服からブラがすけるだけで勃起してしまう私はまるで中学生でした。

そんな悶々とした日々の時事件がありました。

 

いつものように叔母に部屋のトイレへ着いてきてもらった時についさっき悶々な気持ちだった私は叔母の豊満な胸の膨らみをみてしまいじわりじわりと大きくなってくるチンポでした。

ヤバイってのと恥ずかしいってのがでてきましたがこうなると止まりません

だんだん大きくなってしまい…

 

「あらっ………」まじまじと見る叔母は笑ってました。

「恥ずかしいながら……すいませんうちのには黙っててください」

「あららわかってるわよ~入院長いからしょうがないわね……小さくなるまで待ってるわ」

「あっはいっすいません……でも多分なかなか小さくはならないと思いますよ」

「あらどうして……」

「いや……その…なんて言うか……ナース服ってのもありますけど……禁断って言うか嫁の叔母に見られたのになんか興奮するって言うか………すいません」

無言で明らかに顔を赤らめナースから女に変わる尚子さんがいました。

それを見逃さなかった私は尚子さんの手を握りました

「ひっやっえっ………なっにっ」

「お願いですこのままじゃあ小さくならないです……」

「どっどうするの?だだめよ~」

「内緒にしますから手でしてください」って握ってる尚子さんの手をチンポに持っていき握らした

「あっ……」小さく声を発します

「どうです俺の……」

「えっあっあっ大きいわ……硬いし」もうここからは自分からかってに動かしてきました。俺のチンポを見つめゆっくりとしごきます。

 

それを見た私は耳元で

「気持ちいいですよ……その調子です」って言うと少しづつ激しくしごきます

俺の目を見つめる尚子さんは欲求不満なただの熟したメス女でした。

俺は無言でくちびるを奪うと尚子さんは激しく舌を絡めて濃厚なキスに変わりました

尚子さんは「絶対内緒よっ」

そういい私の前に座りチンポをくわえてきました

尚子さんのフェラはねっとりとした舌使いで気持ちよく嫁や今までの女のフェラとは比べ物にならない巧さでした

おそらくこんなシチュエーションってのもあって興奮したかもしれません

だんだんと激しいフェラに気持ちよくなり普段フェラではイカない俺はイキそうになりました

そんな俺の精子をくわえたまま尚子さんの中に出してしまいました。

尚子さんはそれを飲み込み「久しぶりだったわ~ありがとう今はここまでね」っていいベッドへ寝かせた俺にキスして出ていきました。

 

その夜また事件が……

多分夜中の2時くらいだったと思いますが私の部屋のドアがあき閉まる音が聞こえました

夜勤の見回りだと思い気にしなく寝てました。

すると横にきて耳元で「昼間の続きね」ってキスしてきました。尚子さんでした。

普段夜勤しない尚子さんでしたがこの日急用で休みになった看護婦の代わりに入ったそうでした。

Eあるおっぱいを見せつけて寝てる俺のチンポをまたくわえてきて「あああ~おいしいわ~…」ってくわえ自分からさっと脱いだのです。

そしてゆっくりと自分から腰を下ろしてチンポをマンコにナマ挿入してきました。

生暖かいマンコの中に俺はものすごく気持ちよく尚子さんは狂ったように腰を動かしました。

腰の振り方は尋常ではなかったです。

おそらく長い時間できないからだと思いますがすごくてイキそうになるって言うと抜いて尚子さんは口に入れ俺は放射しました。

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年10月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

他サイトの更新情報