2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

SMのエロDVDばかり見ていた童貞の僕に舞い込んだ調教チャンス

この記事の所要時間: 543

それは、大学2年の夏休みの時のこと。

僕はレンタルビデオ店でDVDを借りるのが好きで、よく借りていました。

今はパソコンで動画をダウンロードというのが主流なのかもしれませんが、僕はあえてDVDを借ります。

というのも、好みのジャンルがSMで、特にアー○ビデオの古い作品が好きで、抵抗できない女の子をバイブで逝かせる場面が最高だからです。

僕がいつも利用するレンタル店では、そういう作品が多く、いつも数枚借りては、童貞の僕は部屋で妄想しながらそれを見て、自分で処理していました。

 

いつものように、その店でDVDを選んでいた時のことです。

何枚か選んでカゴに入れ、ほかのDVDのパッケージを見ているときに、後ろから肩をたたかれ声をかけられました。

振り返ると、おじさんが立っていました。

母の弟で、僕より15歳年上。(いわゆる叔父さんです)

ちょっとやばい人なので、母からは付き合わないように厳しく言われていましたが、

小さい頃からなぜか可愛がられていて、一人暮らししているアパートから近かったこともあり母には内緒で、仲よくしている人でした。

 

カゴの中身を見て

「そういうのが趣味なのか?俺と同じだな」

 

肩を組んで、耳元で

「DVDと同じように、彼女を縛って、いたずらしてるんじゃないかー」

とニヤニヤしました。

 

「えー、彼女なんていませんよ」

と答えると、ちょっと何かを考えていましたが

「たかし、去年●●高校卒業したんだよな」

 

うなずくと「今週の土曜日3時から、いや4時から時間ないか?」と聞かれました。

ちょうど暇だったので「空いてますけど」と言うと、

「俺の所に遊びに来い」と誘われました。

 

次の日、バイト先に訪ねてきて、合鍵を渡され、

「俺の所は、知っているよな。チャイム鳴らさなくていいから、カギを開けて勝手に入ってこい。
部屋に入ったら、寝室に来い。静かに入って来るんだ。くれぐれも音を立てるなよ。期待してろ」

とニヤニヤ、いやらしく笑いながら念を押していきました。

 

土曜日、指定された時間に、おじさんの所に行きました。

オートロックのマンションの部屋に入り、言われた通り、静かに寝室のドアの前に立った時、

中から「あ~」と言う、切なそうな女性のあえぎ声が聞こえました。

ドキドキしながら、音を立てずにドアを開けた瞬間、すごい光景が目に飛び込んできて、思わずその場に立ちすくみました。

 

むっちり色白の女の子が、スッポンポンでかなり本格的に胡坐に縛られ、目隠しをされていました。

体内から細いコードが2本出ていて、ローターを2個入れられているのがわかりました。

ローターの上から、バイブがゆっくりとピストンされ、入れられるたびにあえぎ声を出していました。

 

短パンの前をパンパンにして見入っていると、おじさんが携帯で撮影するようにジェスチャーをしました。

そんなことしていいのかと思いましたが、欲望には勝てず、スマホで動画撮影してしまいました。

撮影を始めると、あえて女の子にいやらしい言葉を言わせるように、声をかけ「もっとー、逝かせて」など自分から求めるところも撮影できました。

 

しばらくして、激しくピストンして本気で逝ったようでした。

それほど太いバイブではありませんでしたが、異様に深くまで入っていました。

その後、コードをユックリと引き抜き、ローターが2個出てくる所もアップで撮影しました。

 

おじさんが、女の子に

「淫乱だなー、こんなのを覚えたら旦那で満足できなくなるぞ!」

 

「い、いや。恥ずかしい」

「はずかしい?今日はもっと恥ずかしいことを教えてやるよ」

そう言うと、彼女の目隠しを外しました。

外した瞬間、スマホを構える僕に気づいて「いやー」と顔をそむけました。

 

「お前ら、同級生だろ。どうだ、同級生の前でこんなにいやらしく逝かされる気持ちは、逝くとこしっかり携帯で撮ってたぞ。もう逃げられないな」

 

確かに彼女は、高校の同級生です。

それもクラスメート。クラスでは一番人気で、結構告白されていたのも知ってます。

高校を卒業してすぐ、一回り年上の人と結婚したのは、うわさで聞いていました。

 

「さあ、せっかくだから同級生にかわいがってもらえ!こいつの味はよく知ってるよな」

そう言いながら、おじさんがいやらしいバイブを手渡してくれました。

欲望が抑えられなくなっていました。

本物の女性の体に触るのは初めてでした。

 

バイブのスイッチを入れると、小さな突起物が激しく振動をはじめました。

「い、いや、だめ、やめて」

かまわず彼女の敏感な部分に、振動を押し当てました。

狂ったような声を出し、絶頂を迎えました。

逝った直後にも、やめずにただひたすら刺激し続けました。

 

何度逝かせたでしょう、彼女が涙声で「もうだめー、お願いもう許してー」と叫んだ次の瞬間、彼女の股間から液体がシャーッと吹き出しました。

「おー、さすがに研究してるな、狂わし方をよく知ってる。でもそろそろ許してやれ、それ以上やったら本当に壊れるぞ」

おじさんに言われて、さすがにまずいかなと思いやめました。

 

「味見てみたいだろー、やっていいぞ」

言われるまま素っ裸になり、彼女の中に。

何とも言えない吸い付くような感触。

 

「妊娠させてもいいぞ」

おじさんの言葉に、遠慮なく中でぶちまけました。

初体験でこんなにすごい経験ができるなんて、おじさんに感謝です。

 

「こいつは、たかしに譲ってやるよ。旦那が主張中に、自由にしていいぜ。旦那に気づかれないように注意しろよ。バイブは自分でそろえろ」

 

「でも、おじさんは」

 

「構わねえよ。今、高○生を調教中だから。2年生だぜ?今ローターを仕込んで通学するまでに、なってるんだ。
そのうち、ロープの味も教えてやるよ。飽きたら、たかしにも楽しませてやるよ。」

 

今の高○生は発育もいいし、ビデオの中の妄想の世界でしか体験できないことが、できるかもしれないと期待しつつ、

おじさんに声をかけられるのを待ちながら、高校の時のクラスメートにいたずらをしています。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報