2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

JC2年生の妹はオナニスト女子だと気付いた風呂場覗き

この記事の所要時間: 225

俺はイタズラのつもりだった。

妹が風呂に入っている時に、コソーリと脱衣場に侵入して突然風呂のドアを開けたわけだが、そこで妹がオナニーしてたorz

ただイタズラ半分に覗いただけなのに・・・

妹はびっくりしたようで、思いっきり風呂のドアを閉めた。

なんか、妹は毛もなくて余計に気まずかった。

 

その日は日曜日で、妹は朝風呂してたわけです。

よって最悪の空気の朝食でした。

その後、俺は1時間くらい自分の部屋で漫画読んでたら、妹が部屋のドアをノックした。

妹「あと・・・えと・・・・・・・・・お兄ちゃん、その・・・ちょっといい?」

俺「・・・・・・・・・・・・(やべ!! ついに来やがった・・・ どうやってごまかそう)」

妹「お・・・兄ちゃん?いるんでしょ?入るよ?」

 

ガチャ――――――

 

妹はスカートの端をもじもじと掴みながら俺の部屋に入ってきた。

妹「あ・・・あの、さっきのことなんだけど」

俺「さっきってなんかあったっけ?(やべーよなにこれ?!不自然すぎたか)」

妹「もう、わかってるんでしょ!!(ほっぺが真っ赤)」

俺「ああ、お前がオナニーしてたことか(もう開き直ったorz)」

妹「お兄ちゃんのばかぁー!!(泣き出したよやべーよなにこの状況?)」

俺「しかしお前もあんなことするんだな・・・(こうなったら苛めるしかない、うはww)」

妹「うぇーん。お願い!お母さんとかにいわないでぇ!!なんでも言うこと聞くからぁ!!」

俺「なんでも?本当にいいんだな?」

妹「ホントだょぅ・・・だから誰にも言わないでぇ!!」

俺「ふーん・・・・・・・・・。じゃあ今ここでさっきしてたことしてよ?」

妹は[えっ?!]という感じで俺を見ていた。

普段の俺からは想像できなかったからだろう。

 

妹「何いってんの?!そんなことできるわけないじゃない!!」

俺「ふーん。何でもするっていったのにね。じゃあ言ってもいいんだ?」

妹「そんな・・・だめだょぅ・・・。もう!お兄ちゃんの変態!!」

そう言って妹は俺をポカポカ叩いてきた。

いわゆる[女の子叩き]というやつだろう。

俺「やるのかやらないのかどっちなんだよ!!」

ちょっとキレたフリをして妹をビビらせる。

そしてまだ幼さが残るワレメにパンツの上から指をそらせた。

すると、妹が「やぁーーーあ!」と声を出してしまった。既にヌルヌルだった。

 

しかし、案の定とでもいうべきか、親父が登場してきてしまい、有無を言わさず俺はぶっ飛ばされた。

死ぬんじゃないか位にフルボッコ・・・これがリアルなんだよ。禁じられた遊びなんだよ。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報