2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

高校時代に彼女と知り合って、付き合い、寝取られるまで(出会い編)

この記事の所要時間: 68

【投稿者名】エッチな名無しさん  【性別】男性 :2016/09/30 01:16:58

 

 高校生だった時の話、当時の俺は地元にある偏差値が50ちょいのバカ高に入学したこともあり毎日退屈な学校生活を送っていた。

成績は常にトップ10に入っていたことをいいことに毎日調子に乗りまくっていた。停学にもなったことがあるほど好き勝手やっていた。

 

 3年生の夏休みに担任のススメで受験対策合宿なるものに参加を強要され、親も夏休み毎日自宅でごろごろしている俺をけむたく思ったのか参加を余儀無くされたその合宿で特進クラスに所属していたさやかと出会った。

宿舎ではクラスではなくランダムに席順を決められA班~K班までに別けられることとなった。俺とさやかはG班でそこで初めて会話を交わすこととなった。

さやかのプロフィールを簡単に書いておくと、図書委員の委員長でばりばりの文系、弓道部だかアーチェリー部に所属していたらしく、この時にはすでに引退していた。

見た目はきれいというよりはカワイイ系だった。
顔と名前ぐらいは知っていたが、クラスが離れすぎておりフロアがそもそも違う階だったので集会のときぐらいしか見かけることはなかった。
彼氏などの有無もよくわかっていなかった。

クラスでたまに出るタイプの女子の話に登場することが多かったことは覚えている。

さやか「~君って、2組だよね? いつも成績の順位に載ってたから名前知ってるんだ。」
俺「へー。そーか まあよろしく」

同じクラスから参加している生徒がおらず、それどころか友人が誰一人参加しておらず超が付くほど不機嫌な俺でしたが、さやかは俺に積極的に話しかけてくれていた。

 

 後から聞いた話によると、俺が参加することを知った特進クラスの連中が嫌な噂をしていたようで、噂通りの人物かどうかに興味があったそうだ。まあそんな状況なので2日目にはもうサボりモードになっていた。

俺「せんせー お腹痛いので今日の授業出ないで寝てます!!」
先生「わかりました。ゆっくり寝てなさい。」
教師すら俺に対してけむたく思っていたようだw

 

午前の授業が終わってお昼になると、食堂に生徒たちが集まってきた。
その中にさやかもいた。

さやか「~君、授業来てなかったけど大丈夫?」
俺「いやー腹痛くてw」 まあ嘘だけどw

さやか「お腹痛いのにそんなに食べるの?」
俺「もう治ったわー」

・・・とこのような適当な会話でその場をやりすごしていた。

 

さやか「午後は授業出なよ?」
俺「え?考えとくw」

さやか「~君、理系だよね? 数学と物理教えてほしいんだけど」
俺「めんどいw」

さやか「いいじゃん! 授業終わったらよろしくねー」
俺「・・・」

見かけによらず強引なところがあり、面倒だが暇だし、何より女子に頼られるのは悪くない気分だ。

 

 夕方に宿舎のフロント近くで2人で勉強(俺はジャンプ読んでた)していると、さやかがトイレに行ったときにさやかのクラスの女子が2人近づいてきて・・

女子「ねぇ、さやかと付き合ってんの?」
俺「いやw なんで?w」

女子「なんか楽しそうだったからさ」
俺「楽しいよ!ジャンプがw」

女子「・・・」
女子「でも、さやかって同じクラスのM君が好きなんだよねー」

俺「へー。そーなんだ 残念ながら俺も彼女いるんでw」
女子「ならいいかー じゃーね」

、と何気ない会話をしているとさやかが戻ってきた。

さやか「どうかした?」
俺「別にー」

さやか「そう? じゃこの問題教えて」
俺「へーい」

俺はがちがちの理系で、現代文や古典はからっきしだけど、数学・物理・化学はすこぶる成績がよかった。

 

 部屋に戻って寝る前に風呂に入りに行くとさっき話題に出たM君がいた。多少面識はあったが、さやかと同じ理由でほとんど話したことはない。

M君「お前も合宿来てたのな?」とちょっとバカにしてる?風な言い方をされた気がした、被害妄想かw

俺「あーあ、担任に勧められたからなんとなくなー」

M君「お前成績いいんだから特進くればよかったじゃん?」

俺「え?w 友達いないしw」

M君「俺は違うのか?」

俺「知り合い? 程度w」

と、たわいもない会話をしながら風呂に入った。

 

M君「お前の彼女、○○商業の子だよな?」

俺「あーぁよく知ってんね そだぜ」

M君「この前歩いてるの見かけたからさー」

俺「そーか、Mは彼女いないのかよ?」

M君「いないぜー。 好きな人ならいるがw」

俺「へーそなんだ・・・」

M君「誰か聞かないのか?w」

俺「あーぁ、じゃ誰?w」

M君「興味なさげ?w」

俺「特にはw」

M君「じゃ当ててみろよ」

俺「めんどい・・・じゃさやか(名字のほう)」

M君「・・・・・・・・」

俺「ん? 」

M君「・・・うん、まあ」

俺「は?w 当たりw マジか?ww」

M君「ってか、なんで知ってん?」

俺「いや、まぐれで当たっただけだろw」

M君「だよな?俺誰にも言ってないもんな」

俺「一応内緒にしとくw」

M君「よろしくたのむw」

・・・・・なんか久しぶりにマジで笑った気がした。

 

 部屋に戻り寝ようと布団に入り、今日の出来事を思い返しているとだんだんともやもやがつのってきた。さやかはMが好き、Mはさやかが好き。

なんてめんどうな、いいやつならそれとなく知らせるんだろうが、俺はひねくれ者だから内緒にしておくか・・・w

しかし何かもやもやする。とりあえず寝るか・・・と就寝した。

 

 翌朝、この日は授業に出たほうが面白いものが見れそうだからと思い授業に出席。2人を観察していると何とMのほうがさやかをちらちら見ているではないか!3~4回に1度俺と目が合うM。

昼食になると自然と俺の隣に座り昼メシを食い始めた。

俺「・・・・・・(無言)」

M君「・・・・・(無言)」

俺「今日の昼メシうめーな! レバかつサイコー(初めて食ったが)」

M君「・・・そうだな」

俺「お前、授業中何回見てんだよ?w」

M君「は?見てねぇし(汗)」

俺「ふーん。そっか・・・。おーい、さやか昨日の物理できたのかよ?」

M君「は?お前・・・」

さやか「珍しいペアで食べてるね? 物理できたよ!ありがとね」

俺「ホントかよ?じゃ問題出すぜ?」

さやか「のぞむところよ~」

俺「出来なかったら昼メシ俺とMで半分ずつ分けて食うからな?w」

M君「いや、何言って・・・」

さやか「OK!」

俺「じゃあ・・・」

・・・残念ながら昼飯は防衛されてしまったが、おかげで面白いランチタイムだったw

この日はあえて風呂を早い時間に済ませ、Mとの接触を避けた。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報