2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

駄菓子屋のおばさんの胸チラと性器もろ見え写真

この記事の所要時間: 225

【投稿者名】エッチな名無しさん  【性別】男性 :2015/12/29 23:39:57

 

俺は中3。過疎の漁村に住んでいる。

近所の駄菓子屋は、雑誌もやコミック誌もあり、よく利用する。

店番のおばさんは、夏には大きな乳房の谷間をTシャツの襟元から丸見え。

年のころは母親ぐらいかな、よくわからん。

 

今年の夏休み、その店でエロい週刊誌を立ち読みしていたら、

「いいもの見せてあげるからこっちにおいで」

と奥の座敷の上がり、かまちから手招きした。

 

俺をかまちに座らせると、奥から文箱を持って来た。

「あんな雑誌よりホレこの写真見なさい」

写真の束は、全て性器もろ見えのモノ。

おばさんと見ているうちにたちまち勃起。

おまけに、うつむいたおばさんの乳首まで見た。

 

「アラまあ大きくして、あんたの年頃やと無理ない話やけど」

おばさん顔を紅潮させて言うその手が、俺の半ズボンの股間にきた。

勃起を掴まれだけで爆発しそうになり腰を引く。

 

おばさん身を乗り出して俺の腰を引き寄せ、

「気持ち良くしてあげるからじっとしてなさい」

と俺を押し倒す。

 

勃起を剥き出し、握り締めたおばさんの手が動く。

自分でやるよりはるかに気持ち良い。

目を閉じて快感を味わう。

手とは違った感触に目をあける。

 

おばさんの口が勃起を呑み込んでいた。

途端に弾けた。

おばさんの喉が何回か鳴った。

射精したあともおばさんの口が離れない。

 

十分に復活すると、おばさんは乳房を剥きだして俺に咥えさせた。

おばさんの鼻息が荒い。

「もうだめっ、我慢できない」

勃起を離したおばさんは、パンツを脱ぐと俺を跨いだ。

おばさんの尻が勃起を探り、ヌルリと収まる。

 

沼のようになったそこは唇ほど締りがない。

が、おばさんのあえぎ声や苦痛に似た顔が淫らで、自然に腰が上下する。

おばさんの尻が臼のように周り、淫らな呻き声の間隔が短くなった。

「いくっ」と言うなり、おばさんは背を反らしたあと俺に抱きつき動かなくなった。

 

俺が下から突き上げると、おばさんが「上からして」と言い、反転した。

おばさんの両足が俺の背中を抱え、「中で出したらダメよ」と言いながら俺の口を吸いに来た。

おばさんがまた切羽詰まった声を出した。

耳元でしきりに「まだよ、我慢して、あーいい、イクう」

俺が抜くと、おばさんが半身を起した。

既に射精が始まっている勃起に吸いついた。

 

以上

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/01/10(日) 10:44:55 ID:E0NzQyMTU

    どこの駄菓子屋ですか?俺も行きたい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報