2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

露出狂でもあり天性のスケベで男根大好きな妻を持つ私も助兵衛親父でございます

この記事の所要時間: 437

私は50歳手前で、妻は40代のスケベ夫婦です。

去年の秋のことですが、酔うと超がつくほどスケベになる妻。

居酒屋の帰り道妻に「オッパイ見せて」とせがむと、何の躊躇いも無く着ていたブラウスのボタンを4つも外し、後ろに手を回しブラを取りEカップ(少しぽっちゃりの)を出し「これで良い?」と上機嫌で言う妻。

私は「序にスカートも捲って見せて」と図に乗って言うと、妻はホックを外しウエスト部分を巻き上げ、パンスト越しに見える真っ赤なパンティーを露にしました。

幾ら人通りの少ない路地を歩いてるとは言え、大胆にも露出している妻に私はドキドキしていました。

更に妻の口から「以前彼方が言ってたコンビ二露出に行こうか?」とまで言い出し、私には願ったり叶ったり。

 

早速、妻と帰り道にある小さなコンビニに立ち寄りました。

当然、妻のカッコはブラウスの前を開きEカップの胸は丸出しで、スカートのウエストは荒く巻き上げパンスト越しに赤いパンティーは丸見えです。

私たちが店内に入るなり定員さんは見て見ぬふり、他に6名の男性客は遠巻きに妻の姿を見ていました。

妻は躊躇無く更にスカートをたくし上げ、パンティー丸出しで店内をうろうろし缶コーヒーを2本取りレジへ。

レジ前ではブラウスの前を両手で開き定員さんにオッパイを見せ「オッパイ大きいでしょ 旦那が見せて来いって言うから・・・ どうぞ遠慮なく見てっ!」と嬉しそうに丸出しにしていました。

私は咄嗟に妻のパンストに手を掛け一気にパンティーごと膝までずらし、剛毛の妻のあそこも定員さんに披露すると妻は嬉しそうに「ほらね・・・ 旦那が裸見て欲しいって」と更に定員さんに近づき見せていました。

妻はその場でパンストとパンティーを脱ぎ、近くに居た20代位の男性客に渡しさっさと店を出て行きました。

私は妻の後を追う様に店から出ると、4名の男性が店内から私たちの後を追うように付いてきました。

 

私は50M程歩いた所にある公園に妻と行き、その公園で妻を全裸にさせ妻の耳元で「コンビニから4人も付いてきてるよ」と言うと、妻は少し驚いた表情で「えっ!4人も!どうする?」と私に聞いてきました。

以前からセックスの時に私は「他の若いチンポ入れて見ない?」と妻に聞き、妻は「機会が有ったら入れてみたい」と言っていました。

私は妻に「この際4人とセックスすれば?」と聞くと、妻は少しして「そうね」と一言言うと私のズボンとパンツを脱がし、全裸のまま私のチンポを咥えだしました。

私は4人の男性を近くに呼び、間近で妻との営みを見てもらい妻の口の中に果てました。

このとき、既に4人の男性は妻に群がり完全に5p状態でした。

妻は嬉しそうに喘ぎ声をあげ、一人の男性のチンポを咥え両手に2人の男性のチンポを握り扱き、バックからもう一人の男性のチンポを受け入れ、今まで聴いた事の無い喘ぎ声を上げ何度も身体を諤々震わせながら逝きまくる妻。

初めは4人だったのが、途中から覗きの人達も加わり7人の男性に妻の身体はおもちゃにされていました。

次々に妻のあそこに今会ったばかりの男性が代わる代わるチンポを入れ、すき放題に突きまくり妻の身体に精子を放出しまるでアダルトビデオを生で見ている光景でした。

勿論、関係なく妻のあそこに精子を出す男性も・・・

暫くして男性たちは妻から離れ1人減り2人減り、最後には50代位の同年代の男性が妻のアナルに精子を放出して事は終わりました。

 

数日して妻が病気になったのは言うまでも有りません。

しかし、この事がきっかけでこの半年ほどの夫婦の営みは急変し、月に10日は某サイトで知り合った同じような趣味を持つ単独男性やご夫婦・カップルさんたちと事を楽しむようになりました。

その結果、夫婦の仲も付き合っていた時のように新鮮さが生まれ、妻の服装も普段家にいる時は全裸かHな下着のみで外出時も40半ばには普通着れない様なウルトラミニやオッパイが見えるほどに胸元の開いた服装を好んで着ては他の男性の目線を楽しむ妻。

買い物の時にはわざと前屈みになり、胸元を両手で開きノーブラやH下着を目の前の男性に見せて楽しんだり、意味も無くしゃがみこみウルトラミニから覗く紐パンやノーパンを両足を大きく開いてみせる妻。

ここまですると、何人かに一人は妻に声を掛け妻も嬉しそうに男性に付いて行き、物陰やガレージの男性の車・トイレでチンポを入れてくれ、妻はその時男性が付けたコンドームを精子が入ったまま私に見せ「今の男性のチンポ大きかったよ」とか「入れたとたん逝っちゃったからもう一人誘ってみる」と略毎回名前も知らない男性とセックスを楽しんでいます。

この様な妻には当然でしょうが、宅配業者や修理業者が家に来る時には当然の様に全裸かH下着で出迎えその気になってくれた男性は妻と2・3回はセックスして帰って行きます。

多い時には妻は1日に6人の男性とセックスを楽しみ、私が家に帰るころにはコンドームがあちこちに散乱し、妻は全裸であそこの穴を開いて寝ています(今さっきまで誰かのチンポが入っていたはず)。

私が知っているだけでも、かるく100人は超えていると思います。

中には何の躊躇いも無く妻とセックスだけしに来る男性も結構いて、妻はこんな生活が出来て幸せそうに私にありがとうと言ってくれ本当に楽しそうです。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報