2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

電車の中で友人と会話しながら尻コキしてきたJD

この記事の所要時間: 37

【投稿者名】エッチな名無しさん  【性別】男性 :2016/01/15 13:49:46

 

かなり混雑したNB線でT駅へ向かっていた時のこと。

自分の目の前には、JDと思しき二人組が。

一人は茶髪、メガネ、ポニーテールで白いスカート。茶色いジャケット。

彼女と向き合って話しているJDはショートヘア、黒髪でジーンズを履いていた。

 

かなり混雑していたため、その二人のうち、ポニーテールと白スカートのJDの方が自分と密着した状態になった。

やがて、彼女の尻と自分のイチモツが密着し、そのプリっとした感触に勃起してしまった。

しかし、彼女の方はというと寧ろ尻を股間に押し付けながら、友人と話を続けていた。

そこで、少し反応を確かめるために、軽く腰を前に出してペニスをスカートとズボン越しにJDの尻に擦り付けてみた。

 

すると、JDの方は大きく腰を後ろに付き出して、股間にヒップを押し付け、更に背中で自分にややもたれかかってきたのだ。

自分の顔に、彼女のポニーテールがもろにあたり、尻コキ状態。

JDは平然と友人と会話を続け、その中で「そう!そう!」とか「わかる!わかる!」と言う度に尻を後ろに突き出したり、左右に振ったりして硬いペニスに押し当ててくる。

チラッと、ポニテJDの頭越しにメガネJDの顔を見ていたが、彼女の方は自分に全く無関心な様子。

これは、気づいていないか、もしくはこれは二人組の痴女と判断。

 

こっちから硬い股間を白スカートのJDの尻にグイッと押し当ててみると、JDは尻を後ろに突き出し、左右に振って一層尻コキを強めてくる。

今度は右手をそっと、自分の股間とJDの尻の間に入れてみる。

まずは手の甲で、プリっとしたヒップの感触を確かめてみた。

全く拒む様子が無かったため、今度は手の平を尻に当ててみる。柔らかな感触が右手いっぱいに広がった。

明らかに触られているにも関わらず、ポニテJDは拒む様子が全く無く、尻を手に押し付けてきたのだ。

 

そこで、股間をJDの尻の割れ目に押し付け、右手で右の尻肉を撫でてみた。

JDは尻に力を入れたり、ゆるめたりしてペニスをヒップの割れ目でしごき始めたのだ。

しかも、相変わらず「~だよねー」とか「そうかー」とか言いながら、平然と友人と会話を続けている。

暫くすると、電車が急ブレーキをかけたため、JDが背中から思いっきり自分にぶつかってきたのだ。

JDは振り向いて「すみません」と一言言っただけで、再び友人との会話を始め、また尻を大きく後ろに付き出して自分に尻コキを始めたのだ。

 

乗客がどんどん増えていき、ついに自分とメガネJDは完全密着状態に。

そこで、OK娘だと判断した自分は尻コキしてくるJDの尻の割れ目に思いっきり股間を押し付け、右手で尻肉を撫でてみた。

予想通り、尻コキは一層強くなっていくが、JDは平然と友人と会話を続けている。

股間にはプリプリっと、右手にはムチムチっといた感触が伝わる。

 

停車するごとに人が乗ってくるため、どんどん自分とJDは密着していき、完全に痴漢プレイ状態に。

流石にスカートの中に手を入れることまではしなかったが、薄い布越しに若い娘のヒップの感触を股間と右手で味わった。

やがて、電車は終点について終了。

触られていたJDは全く振り返ること無く、友人とともに降りていった。

 

約20分間の間だったが、夢の様な時間だった。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報