2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

閑散とした電車内で寝ていた女性客に欲情して触りたい衝動を我慢したことで達した触らぬ射精感

この記事の所要時間: 458

思い出せば、ずいぶんと若い頃のことのように思える。

20歳の時だった。12月頃だった。

あるイベント帰りの電車内でのことだった。

18時頃だった。帰りの電車は、すごく空いていた。

両端に一人ずつ座っているだけの、静かで殺風景な車内だった。

下車駅まで20分だった。下車駅に到着するまで、途中で乗車する客も下車する客もほとんどいなかった。

 

見渡すと、女性の乗客がいる。席の真ん中あたりに一人座っている。うつむいて目を閉じている。

こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、十分に厚着をした上着と、色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。

遠くから見ても灰色がかったジーンズの両脚が肉感的で、心行くまで見入りたい思いから、吸い込まれるように真横にこっそりと移動した。

疲れて熟睡しているのか、真横に移動した気配に全く気付いていないようだ。かなり寝込んでいる。

そのためか、両脚が半開きになって、ジーンズの食い込んだ秘部が露わになっていた。

女の秘部をアピールしているようで、興奮が高まるのに時間は掛からなかった。(注釈)

まだ寝ている。

 

穿いているズボンのなかで興奮がMAXになったモノが抑えつけられ、精液で先端が十分に濡れているのを感じとれるほど熱くなっていた。

この女性の秘部を意識して凝視し続けた。

まだ寝ている。

この女性の秘部に入れたい。そのような衝動に無性に駆られた。

このまま気付かれないなら、この女性のジーンズ越しの秘部をフェザータッチで撫で上げるようにして触ってみたい。

目の前に対象が居て、触ろうと思えば触れる至近距離に居る。

触りたいのに触れないことがどれほど耐えがたい状態かは、実際にこの状態にならないとわからない。

我慢できずに触ってしまったと自白する痴漢の言い訳に共感する思いだった。

 

見続けるほど鼓動の高まりは激しくなり、不意に、ジーンズ中で、射精してしまった。

手で一切刺激を加えていなかったのに。

射精の予兆を全く感じなかった。

ペニスは射精直前の状態まで興奮しきっていたからいつでも射精しそうだったものの、視覚からの刺激だけで射精に誘われた。

秘部を強く意識してジーンズ越しの秘部を見続けていると、その奥にある子宮を無意識のうちに意識するようになり、そこへ自分の精子を送り込みたくなった。

しばらくして、この女性が目を覚ました。

急に隣にいることに気付き、ひどく驚いていた。

突然目を覚まされたので取り繕いようがなかったが、騒動にはならなかった。

 

しばらくして、すぐに寝込んでいる最中に両脚を開いてしまっていたことに気付き、慌てて綴じて去るようにして直ぐ近くのドア付近に移動したが、座席に座ったままにした。

くしくも、この女性と下車する駅が同じだった。

女性は去っていくようにさっさと前方を歩いて行った。

視るだけのつもりだったため、射精は想定外だった。

しかも、このような綺麗な女性に対してコンドーム装着なしの膣外射精を遂げてしまった。

人生で二度とない稀な状況だった。

 

改札口へ歩いて行く途中で、このようなことを思い出した。

見ているだけで射精するのは知らなかったと、ある女王様が言っていた。

その女王様は、見るだけで勃起するのは知っているとインタビューに応じていた。

勃起すると分かってて、わざと女体のラインが露わになるボンテージ衣装を着こなしている女王様。

その女王様はペニスに一切触れずに、言葉攻めで性的感情を巧みに引き起こして心身を悶絶させていた。

射精してしまっていたが、そのつもりで悶絶させていたかは定かではない。

このような女王様とセックスが許された男性がいて、膣内で射精することまで許されたとしたら、その男性は至福にちがいない。

女王様とそのソフトな調教に従順に耐え忍ぶ男性は、本当に相性が良さそうに見えて、普段はごく普通の彼氏彼女の関係だと聞いたから、少しうらやましく思えた。

 

また、別の女王様は「結婚しない」と言っていた。

結婚よりもその道を極めるほうが好きなんだと言って男を振ったことがあるとまで言っていた。

外見がどれほど美しくても、中身がその道を極めたいという中身では、普通の男は付き合いきれないだろうなと、そのとき思った。

そして、そのような特異な性癖をもつ女性も、何人かの友人や知人がいて、普段は普通の人として生活している。

世間には決して見せることのない裏の顔として女王様の側面をもっているにすぎないが、一代女として生涯を閉じることになるのだろうか。

そのような女性が淫乱なブログを開設して、そこに性的感情を満足させる文章を連ねてアーカイブをつくっているようだ。

人間の現実を垣間見た一瞬でもあった。

 

(おしまい)

 

追記:現実世界では、女性専用車両が導入されるも、電車内での痴漢事件が後を絶たない。

電車内の痴漢事件で見逃せないのは、FumiyukiMakitaのようにネットで知り合った女と企てて痴漢でっち上げ事件を起こすなどして、無実の乗客を貶めようと虎視眈々と機をうかがっている危険な連中も実在することである。

一方、一か月ほど前にTetuhiroNomuraが現行犯逮捕されたことで、ここでの投稿のことを思い出した。

電車内はいろんな人が一時的に乗車している空間であるため、常に様々なトラブルが起こる可能性のある空間である。

乗車の際には、心身の安全に細心の注意を払っていただきたいと申し上げる次第である。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報