2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

親父が作った借金のせいで母がサラ金の男に怯えて俺のアパートに逃げてきたことから始まった親子でオメコする男女の関係

この記事の所要時間: 134

親父がサラ金から借りた金が返せず、サラ金の男が家に押しかけて来るようになった。

親父が留守の時には、母に返済を迫るようになった。

母は、「昼間、家にいるのは怖いから」と、朝早く俺のアパートに逃げるように来た。

金曜日であったが俺は会社をお休みし、母を迎え入れた。

泣いて告白する母が可哀想で、俺は巨乳の母を抱きしめた。

「お母ちゃん、いい」

「なに、なんなの誠ちゃん」

直ぐに母は感じ取り、触っている俺の手を払いのけた。

パンツの中へ手を差し込むと「いや、ダメ、ねーお願い、あーバカ!」指をねじ込むと直ぐに口を開け喘ぎ出しました。

「誠ちゃん」

「お母さん」

後は男と女でした。

 

その夜、母をお泊まりさせて「こんな気持ち良いセックスがあったなんて」と、俺は初めて味わう快感に驚きながら肉棒を突きまくり、母も喘ぎ声を出している時でした。

親父から「母さん行ってないか」と問うてきた。

俺は親父「バカ野郎、借金はなんぼや」と問いただすと、バカ親父は「300万円」と答えた。

「俺が返済するから、母ちゃんは帰さない!!」と怒鳴って電話を切った。

深夜にも拘らず、2時間かけて俺のアパートに親父が来たのです。

俺はパンツだけ履き玄関へ、親父は服を羽織って後から出てきた母を見るなり、「由美子ゴメン」と土下座した。

「もう遅いわ、今迄苦労ばかりかけて帰って!」と言い放っていた母。

それでも母の手を引こうとする親父の手を払い、俺は「由美子は俺の女や、触るな」と言うと母は俺に抱きついてきた。

親父はその時の様子で諦めたのか「親子でオメコしやがって」と大声を出して出ていった。

母は興奮していたのか、欲求不満であったのか、朝方まで俺に応じてくれた。

 閲覧回数:4,365 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報