2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

精子バンクに精液を残した日

この記事の所要時間: 218

【投稿者名】お守り緋鞠  【性別】男性 :2016/04/18 12:06:43

 

僕が専門学校時代、友人に前立腺異常で手術を受けなきゃいけない奴がいて、万一のために、精子バンクに精液を残しとけってことになった。

「俺ひとりでマスかきにいくのは辛いから、つきあってくれよ?な!?」

と言われて、僕もしぶしぶ付き合った。

 

受け付けのお姉さんは、ロングヘアーでなかなかいい感じだった。

ちょっとヤンキーっぽいか・・・

 

「この小瓶に、精子詰めてください」

ぶっきらぼうにビンを渡され、僕たちはそれぞれの個室へ・・・

 

殺風景な部屋に、椅子と机だけあって、

(別に俺が手術受けるわけじゃないし、いいよな?)

と思ってると・・・

 

なんと、さっきのお姉さんが、白衣を脱ぎ捨て、下からビキニ姿で出てきて、部屋に入ってきた!!

「お姉さん!?何してんですか!?」

「あ~ん?サービスよ、サービス!!抜きやすくしてあげっからさあ?」

カラカラ笑った。

 

僕はたちまち、服を脱がされて、すっぽんぽんにされてしまった!!

「一糸まとわぬ男の子の全裸姿っていいもんねえ?」

そして、小瓶を渡されて、

「さ、見ててあげるからシコシコがんばんなさあい?」

僕の前で横たわるお姉さん。

 

もう、ヤケだ!!

僕はチンポを握りしめて、シコシコとしごき始めた!

「たくましいわねえ~え?」

お姉さんが微笑んで見ている。

 

「イク時はお姉さんの名前呼びたい・・・なんていうの?」

「亜美、亜美よ?古くっさい名前っしょ~?」

「あああああ!!亜美さあん!!!」

「ほらほら!ビンの中に入れて!?」

 

ドピュッ!!

 

「ずいぶんたくさん出したわねえ?」

「はあはあ・・・・」

亜美さんのプルプルしたビキニ女体に我慢できなくなって、僕はそのあとも何度も何度も射精した!!

気が付けば、小瓶は6つにもなっていた!!

 

「うっわ・・・!すっごお~い!!」

「だろ・・・?ハアハア・・・」

もう・・・一滴も出ないよ!!

 

そのあと、亜美さんとは連絡を取り合って、付き合うようになったけど、いまだ本番はさせてくれないんだよな・・・。

そのあと、友人はそのことを話したら、

「俺んとこには来なかったぞ!?なんでお前だけ・・・」

悔しがってたっけ。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/04/23(土) 14:28:17 ID:g5MDU3MjA

    あり得ません

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報