2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

生意気な妹が処女だと知らずに肉棒でお仕置きした兄

この記事の所要時間: 29

中○3年の生意気な妹、詩織。

学生服も今流行りのミニスカートにナマ足。

親にも全て反抗し、兄である俺にも臭い・ダサイ・汚い・変態等々口が悪くいつも喧嘩腰だ。

 

両親が、法事で父の田舎に3泊4日で出かけた。

詩織も家に帰らず、友達の家を泊まり歩いてた。

俺も馬鹿の顔を見なくていいからホッとしていた。

 

3日目の夜遅くに玄関を叩く音。

今頃、誰やと思い玄関を開けると詩織だった。

中○生のくせに酒飲んで、酔ってロレツがまわらない。

俺は無視して玄関を締めた。

 

30分程して見に行くと、玄関で寝てた。

ゆすっても起きない。

仕方なく担いで居間に運び、寝かせたのだが・・・

ミニから下着が見え、ムラムラッときたので、紐で手足を縛りガムテープで口をふさぎ、服もブラもパンツもハサミでカット。丸裸にした。

 

ここで目が覚めた様子だが、何が起きてるのかわからず、キョトンとしてる。

まず柔らかい乳房に触れる、ここで気付く詩織。

ウウッと暴れるが、馬乗りになり乳首を吸い、両方の手で揉み廻す。

涙目になり暴れるが、縛ってあるので限られる。

可哀想な気もするが、もう止められない。

ここで止めると、後々なんて言われるか。

 

片方の手を陰毛へ、しっかり閉じてる足の間に手を入れワレメに沿って動かし、クリトリスにタッチ。

やっと観念したのか、暴れなくくなった。

両足を持ち上げ、穴に指を入れてみる。

少し濡れてる。

 

俺はズボン脱ぎ、ギンギンに膨れた肉棒を入れた。

キツイし、狭い。亀頭だけ入れたが後が入らない。

一旦抜き、詩織を裏返しバックから入れてみる。

半分くらい入った所で、詩織が何か言ってる。

苦しいのか、痛いのか、でも外す訳にはいかない。

 

ゆっくり奥まで入れて行く。

無茶苦茶気持ちイイ。

狭い膣なのか、締めつける感じがイイ。

ゆっくり動く、1深2浅で詩織は無言だ。

 

濡れて来たのか、動き易くなったので激しくピストン運動し、射精・大量の精液を中に注入。

抜く瞬間、スポッ~空気が抜ける音。

ティシュで拭くと、赤黒い血が付いていた。

これって処女?生理?

詩織に生理か?

聞くと、首を振った…ワレメから流れ落ちる精液を拭き、綺麗にして軽くワレメにキスした。

 閲覧回数:5,191 PV
 評価:12345 1.00 (1 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報