2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

生徒に犯されて口では拒絶、カラダは承諾した女教師の陵辱残業という妄想

この記事の所要時間: 119

夜、学校に侵入し、廊下から職員室の中を覗くと、女性の教師が一人で残業中。

僕は静かにドアを開け、身を隠しながら、徐々に彼女との距離を縮める。

彼女の背後に回り込み、一気に抱きつき襲う。

ブラウスを破り、破れ目からブラジャーと、その下には白い胸が。

ブラをずらし、一気に揉みしだく。

「やめて下さい!」と言いながら、喘ぐ女教師。

 

何も言わず、床に膝を着かせ、口に僕のチンポをねじり込み、激しくピストン。

「あぐっ!あぐっ!」と嗚咽しながらヨダレを垂らし、白目になり、今にも気を失いそうな様子。

チンポを口から離すと、彼女はそのまま倒れ込む。

激しく肩を上下させ、かすれた声のような息をしている。

すかさず、僕は彼女のスカートを脱がし、ストッキングを破り、パンツを脱がす。

そして、彼女の秘部の臭いを嗅ぐ。

ツンとする臭い。

そのまま、ベロベロと嘗め回す。

もはや、彼女が抵抗することはない。

 

ヨダレと愛液でドロドロの秘部。

そこに、僕の肉棒を一気に突っ込む。

激しいピストン。

ふと結合部に目をやると、赤い血がベットリと着いている。

彼女は生理になったのだ。

興奮した僕は、一層激しく突き上げ、中出し。

ゆっくりと抜くと、ドロっと血と混じった精液が滴り落ちてくる。

「こんな事が、出来たら良いのに・・」と思いながら、今日も自慰行為に走ってしまった僕って、一体何なんだろう。

 閲覧回数:1,482 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報