2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

父子家庭の父親が小6の娘から精子を出さないと我慢できないんでしょとHなことについて問われた事例

この記事の所要時間: 236

小6の娘、父子家庭です。

妻は娘が小2の時に男を作って家出して、そのまま離婚。

以来、父娘2人の生活です。

初潮もブラジャーも、私に相談がありました。

もちろんお風呂も一緒、夜は添い寝です。

お互い隠し事のない父娘関係です。

 

先日、そんな娘の真由が、寝床の中でこんなことを話しかけてきました。

「パパ、我慢してるの?」

「我慢って、何を?」

 

「パパ、まだ35歳でしょ。ときどき出さないと我慢できないんでしょ」

「出すって?何を?」

 

「もう、とぼけないでよ。せ・い・し」

「ああ、どこでそんなこと聞いたの?」

 

「友達から借りた本に書いてあったの。彼女がいない男の人って、Hな本とかDVD見ながらオナニーして出さないと、たまって変態になるんだって。あとは、お店に行ってお金払ってHなことしたり。」

「うん。そうだね」

 

「でも、パパはそんなことしてないみたいだから、我慢してるのかなって思ったの」

「う~ん。こんなこと言っちゃうの恥ずかしいんだけど、お父さんも手で出してるよ」

 

「そうなんだ、ぜんぜん気がつかなかった」

「うん、見つからないように、夜中とかにこっそり」

 

「何を見ながら?」

「DVDとか、パソコンのサイトとか」

 

「そうなんだ。でも少し安心した。お父さんも普通の男だったんだなって」

「そうだね」

 

「パパ、他の女の人と、Hなことしてないよね?」

「うん」

 

「これからも、絶対しちゃダメだよ。私がママの代わりになってあげるから」

「えっ、どういうこと?ママの代わりって?」

 

「こういうこと」

真由は、下着を下ろして、私の手をヴィーナスの茂みに導きました。

 

「パパ、お願いだから、他の女の人とHしないで。真由が慰めてあげるから」

最初は躊躇していた私ですが、男の本能に押し切られ、生まれたままの姿で娘と抱き合いました。

 

最後の一線を越えようとする時に、改めて躊躇しましたが、娘の一言に背中を押されました。

「パパ、入れて」

娘の細い腰と、私のがっちりした腰がぴったりとくっついて、一つになりました。

娘は、何かに耐えるように顔をゆがめて必死で私にしがみついてきます。

 

ゆっくりと腰を動かすと、娘がかすれたような声を出しました。

「ハア~ッ、ハア~ッ」

数分経ったでしょうか。私の腰がけいれんを始める気配を感じました。

素早く抜いて、手を添えて娘のおへその上あたりを狙って放出しました。

オナニーの時とは比べものにならないくらいたくさんの量でした。

 

「パパの彼女、真由だから、もう浮気しちゃダメだよ」

「うん」

それから、私は毎晩のように娘に慰めてもらってます。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報