2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

欲望を満たすために浮気していた四十路を迎える妻への試練として与えた調教依頼

この記事の所要時間: 444

この世間で、所謂単身赴任という辞令を甘んじて受けた方々は、一体何人おられるのでしょう。

私もその一人で、妻と息子を残し、今こうして未だ慣れない土地にてこのサイトを拝見しております。

管理職として支店長の椅子が確保されてはいても、其処は地方都市の一角、正直左遷と言えます。

我が家を離れて暮らす私にとって、人生最初の岐路とも言える高校受験を控えた息子が気掛かりではありましたが、一番の不安はやはり私には妻の清美の事でした。

今年で四十路を迎える妻は、私にとって掛け替えのない愛妻であったのですが、今はその妻に対し、憎悪とも言える嫉妬の念を感じずにはおれません。

このサイトはこの土地に来る前より拝見しておりましたが、今日、漸くこの想いを書き込む気持ちの整理がついたのです。

 

実は、妻は数年前、私の目を盗み浮気をしておりました。

普段は清楚で良妻賢母という言葉が似合う妻なのですが、その時ばかりは魔が差したと言うのか、清美は数回程、他人に抱かれその欲望を満たしていたのです。

詳しい詳細は割愛しますが、私の性に対し多少なりとも不満を持っていたのでしょう。

仕事一辺倒の私にとって女盛りである妻を満足させていなかった事が、一番の原因だったのです。

実際、二年以上も夫婦の営みは存在しない状況が続いていました。

 

妻は号泣しながら私に離縁を求めましたが、結局息子の事や世間体もあり、私達は離縁しなかったのです。

それから数年の間、私は清美を数回程抱きました。

妻は、夫の私が言うのも烏滸がましいのですが、人並み以上の風貌と肉体を持っている女性です。

ですが、その円熟した裸体には絶えず他人の陰が纏わり付き、その乳房を愛撫しながら、

滑らかに盛り上がった臀部を愛撫しながらも、私は何処か冷めている自分を感じていたのです。

 

単身赴任が決まり、私はある決意をしました。

妻が、再度浮気するかどうかを。

あの美しく白い裸体を横たえても幾分も興奮しなかった私でしたが、

あの妻が又誰か見知らぬ男の男根を求めるのでは無いかと思うと、

狂おしい嫉妬心が心を焼いていくのを感じました。

何と言えばよいのでしょう、この被虐的とも思える妄想を。

いや願望と言うべきだったのかも知れません。

 

私は、心当たりのある掲示板に妻を口説いて貰える男性を募集しました。

ウイルスでの悪戯や冷やかし、本気とは思えない短文メールが大半でした。

画像を見せろ、連絡先を教えろと、閉口する内容ばかりが続きました。

そして、今の男性からのメールが届いたのです。

男性は野中(仮名です)という方で、その文面からは人柄の良さと言うのでしょうか、

嘘偽りのない真剣さが漂っていたのです。

 

それでも半信半疑でその方とメールのやり取りを行い、

結果野中さんは妻にコンタクトを取るという行為を成功させました。

その内容は実に巧妙且つ大胆で計画的なものでした。

私は妻の携帯のアドレスをお伝えしただけです。

それを間違いメールでも無く、勿論私の計画を暴露する訳でも無く、

彼独自の行動にて先ず困難だろうと思っていた妻からの返事

(反応と言うべきかも知れません)を受け取ったのです。

こう文章で書けば直ぐに反応があった様に見えますが、野中さんはこの策に三ヶ月を掛けたのです。

 

「成功しました」

 

そうメールに書かれた彼からのメールを観た時の心情はとても一言では語れません。

言えば私の、妻に対する賭けでもありました。

見事に裏切られた想いと、やはりという想い、それに怒りと嫉妬、憎悪と後悔、

更にはそれを遙かに上回る興奮が私を襲いました。

 

野中さんは妻と逢い、その初日に妻を抱きました。

メールでの報告です。

約束の「行為の画像」は送られては来ません。

妻の拒絶が激しく、未だ時間が掛かるとの事でした。

私は待ちました。

それでも半信半疑だったのです。

妻の裸体はどうだったか、黒子は躰の何処に在るのか、セックスでの反応は・・・と、

聞きたい事は山ほどありましたが、余りにもそれを自ら聞くのは惨めかと思い踏む止まり、ひたすら堪えました。

 

野中さんの文面も実に簡素で、性行為の内容を詳しく書いてはいなかったので、

数回メールを受け取るうちに私はその真偽を疑う様にさえなっていました。

但し、妻の清美を彼は気に入っている様ではありました。

彼は元々自らの事を調教師と呼んでいました。

所謂SMでのSであり、Mの人妻を好む性癖だったのです。

私はノーマルですし、妻もそうでしたので、今回は調教ではなく、

妻を誘い出し、抱いて貰いたいというのが私からの願いでした。

 

野中さんから郵送される内容を観るまでは、そう思っていました。

私の住所を聞きたいと言われた際は多少の躊躇がありましたが、

今回は妻の清美との行為をビデオに収めた、と言われては教えない訳がありません。

無造作に入れられた何の飾りも無い黒いビデオテープ。

其処にはあの妻の痴態の全てが納められていました。

そして一枚の紙に書かれていた、野中さんからの報告書。

手紙ではありません。

 

「報告書」と書かれてあったからです。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報