2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

悩みを聞くうちにデキた女子社員との秘密関係

この記事の所要時間: 443

【投稿者名】エッチな名無しさん  【性別】男性 :2016/03/14 05:38:20

 

これはいまから23年前の話である…

『ねえ…どうしよう…おしっこしたくなっちゃった…』

車をある採石工場の一角に停めて話していたときのこと…

 

夜中でもあったが、コンビニでも行けばいいのに『そこでしてこいよ…』

『えー?マジで…恥ずかしいよ…』

 

『誰も来やしないよ』

『んもう…んじゃあしてくる…見ちゃダメだよ?』

 

『…ああ』と言って助手席から出ていった彼女は戻ってきて『やっぱ怖いから近くにいて』と懇願する…

仕方なく出ていくと『ここで待っててね』と言いながら、採石の置いてある建物の中の一角で影に隠れてし始めた…

 

建物内に響く放尿の音…我慢していただけに長く続いた…

気になって覗きに近寄ると、白い大きな臀部を晒してしている…

暗闇にうっすらと浮かぶ姿を見ていたら、既に股間はカチカチに隆起していた…

 

『お待たせ…』と近寄る彼女を引き寄せキスをした。

口を塞がれた彼女はすぐに脱力し、もたれ掛かってくる。

膨張した股間を下腹部で感じた彼女は一瞬腰を引くが、それを感じたからか抱きついてきて舌を強く絡めてきた…

 

彼女は会社の同僚で韓国系の顔をした美形。

身体は少し大柄だが、トランジスタグラマーである。

そもそもは、普段から声をかけてきては冗談を言い合う仲になり、食事にいくことになった…

車中いろいろ話して彼女の悩みを聞くというお決まりなパターンである。

 

当時、彼女はその時付き合っていた彼氏とうまくいっておらず、借金の肩代わりまでさせられていた…

聞けば60万円ほど貢いでいるというが、別れるきっかけが欲しかったようだ。

当然、初日から二人は結ばれた…ただ、お互い彼氏彼女がいたのであくまでもセフレとしてだ。

 

興奮した彼女は『…あっ…カチカチだね?』とズボンの上からまさぐるように股間を触り始めた…

ブラウスのボタンを上からはずし、はち切れそうな乳房を揉みしだき、ブラをずらして茶色い蕾を甘噛みして吸い上げると『あああ…あん』と建物内にこだまする。

スカートをたくしあげて中心部に手を当てると、先程の放尿とは別に既に湿っている。

『ああ…なんか…変よ…体が熱いの…もう欲しいわ…あん』

 

ストッキングの上から花弁をまさぐり、乳首を噛まれると体を震わせて懇願してくる。

『ねえ…早くちょうだい…いつもの固いやつ…ねえ…おちんちん…入れてえ…』

 

ふらつく彼女を抱き抱えながら車の方へ行くと、辺りは暗闇で少し先には車が頻繁に行き来する国道が見える…

彼女をボンネットに寝そべらせストッキングとパンテイを剥ぐと、色白な下半身が丸出しとなった…

ストッキングとパンテイ以外はすべて着たままボンネットに寝そべる彼女の足を抱えて挿入した…

既にトロトロのあそこは絡み付くように硬直した一物を包み、ぬるぬると蠢いて締め付けてくる…

 

そう…彼女は名器でもあり、俗に言うミミズ千匹というやつだ。

ぞわぞわと締め付けるそこは、まるで生き物が本当にいるように蠢く。

その感触を味わいながら出し入れをしていると、我慢できなくなった彼女が抱きつき、舌を絡めてくる…

夏場だからこそ楽しめる行為である…

 

あんあんと喘ぐ彼女を今度は返し、ボンネットに手をつかせて立ちバックで挿入すると艶かしい臀部を突きだしておねだりしてくる。

『ああ…すごい…奥にあたってるよおお』と叫びながらパンパンと突かれる腰をさらに押し付けて仰け反る…

子宮口のこりこりとした感触を先っぽに感じながら、グリグリと腰を押し付けるように回すとブルブルと体を震わせ『ひいいっ』と悲鳴をあげて逝った。

 

車に戻って休憩してると、半分朦朧としていた彼女が『ねえ…逝って無いよね?』と言いながら、『お口で逝かせてあげる…』といきなり咥えてきた。

いきり立ったモノを愛しそうにじゅるじゅると吸い上げる彼女を見ると、ますます興奮し硬直するのがわかる…

 

『うふ…長くてカチカチ大好き…』と言うとジュポジュポと早めて首を上下にふりはじめる。

喉の奥に先っぽが当たり、まるで下のお口でしているかと間違えるような感覚を覚えると同時にピークが来て、溜まった白濁を一気に彼女の喉にめがけて放出した…

『んんんー』と彼女が唸り、どくどくと出る大量のスペルマをゆっくりと飲み始めた…

 

ゆっくりと口をすぼめて吸い上げるように一物から離れると

『…すごい濃くて量が多いね…彼女といつしたの?…』

『…一昨日した』

『マジで??』と驚き…口を合わせてくる。

精子で少ししょっぱい感じのキスだったが、なぜか一体感があった。

 

それからというもの、会社の女子トイレや彼女の誰もいない実家などいろんなところで楽しみ、お互い結婚してもしばらく関係は続いた…

もちろん、お互い当時付き合っていた彼氏彼女とは違う相手だ。

彼女は外部の男と一緒になり、僕はさらに会社の女子社員とである。

当然、彼女と付き合いは知っていてのこと。

盛んな時期の若かりし過ちであるか…

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報