2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

幼馴染のJSと僕の妹を相手に性器の見せ合いっこ

この記事の所要時間: 553

僕が小6のある時に、学校でプールの時間でした。

幼馴染のTの水着姿を見て『女の子ってどうなってるんだろう?』って疑問に思いました。

昔から一緒にいて、お風呂も一緒に入った仲です。

他の女子の水着姿に、興奮したりもしていました。

 

その日の帰り、Tから「今日、何で私を見てたの?」と聞かれた。

「Tの体がどうなってるのかなと思って見てたの」

「ふ~ん、じゃ見せてあげる」

「う、うん、って。え~良いの?」

「うん、明日休みだから今日泊まりに行くね」

「うん、良いけど」

 

そして、Tが泊まりに来た。

僕には小2の妹がいて、Tも昔からよく知っていた。

「いらっしゃい」

元気よく妹が挨拶した。

「こんにちは!いつも元気ね」

夕方、3人でゲームなどして遊んで、すぐに夜になった。

 

僕は、いつ見せてくれるのかこっそり聞いた。

「慌てないの。お風呂に入る時に決まってるじゃないの」

僕は早くお風呂の時間にならないか楽しみだった。

 

そして、お風呂の時間。

「私も一緒に入る」

妹が一緒に入りたがっていて困った。

そしたら、Tが「良いじゃない、一緒で」

Tは、僕の耳に「妹の裸も見られるんじゃないの?」と言った。

「いつも一緒に入ってるから見ても仕方ないよ」

「まぁまぁ」

Tは僕を宥めた。

 

結局、3人で入ることになった。

服を脱ぎ始めたところから、僕はTに夢中だった。

湯船に浸かると、Tが「じゃあ行くよ」の合図で、Tが僕の目の前に立った。

僕の前に、Tの裸が目に入った。

妹は首をかしげながらそれを見てると、Tが妹の手を持って引っ張り、立たせた。

妹の裸はいつも見てると思っていたが、じっくり見るとやっぱり興奮した。

 

「Tお姉ちゃん、恥ずかしい」

妹が顔を赤くしながら言った。

Tが「次、S(僕の事)の番だよ」

「え、僕も?!」

僕は、しぶしぶ立ち上がった。

2人に、勃起したちんちんを見られた。

 

すると、Tは僕のちんちんを手に持つと、口に咥え出した。

「もしかして初めて?」

「え、うん」

「Kちゃん(妹の事)も舐めてあげてよ。喜ぶよ」

Kは、恐る恐る舐め始めた。

 

「お兄ちゃん気持ちいい?」って聞いてきた。

「うん」って答えると、もっと舐めてきた。

そのとき、お母さんに「早く出なさいよ」と言われた。

僕たちはすぐに止め、体を洗った。

Tが「また後でやろうね」と言った。

 

僕たちはお風呂から上がると、僕と妹の部屋で3人でまた遊んで、親が寝るのを待った。

しかし、そんな簡単なことではなかった。

「いつまで起きてるの!早く寝なさい」と言われた。

布団に入り、僕たちは寝てるふりをした。

 

そして、12時を回ったころに部屋の電気が消えた。

しばらく待ち、僕たちは体を起こした。

僕は「T、また見せて」と言った。

Tは服を脱いで、胸を出した。

「触っていい?」

頷いてくれた。

 

僕はTの胸をもんだり、乳首をつまんだりした。

その時、本当に寝てた妹が起きた。

「ずるい、私も混ぜて」

妹はそう言いながら、自分の服を脱いだ。

お風呂以外に妹の乳首をみると不思議に興奮した。

 

僕は妹の乳首をつまんだりした。

Tに「ねぇ、Kちゃんの乳首なめてみたら」と言われた。

僕はTに言われた通り、Kの乳首を舐めた。

Kが「お、お兄ちゃんくすぐたいよ」と体をよじった。

僕は続けてTの乳首も舐めた。

 

僕は「TとKの下が早く見たいから脱いでよ」と言った。

Tが「Sこそ脱いでよ」

2人で話し合った結果、同時に脱ぐことになった。

 

「せ~ので」の掛け声で脱いだ。

Tが「気持ちよくしてあげるね」と言い、僕のチンコを握り手コキを始めた。

僕は初めてで、しかも気持ちよくすぐにイッてしまった。

僕の精液はTの顔にかかった。

 

すると、Tは僕のチンコにしゃぶりついた。

Kが「私も」と僕のチンコを舐め始めた。

僕はまたTの口に射精してしまった。

そしたら、またKが「私にも欲しい」と僕のチンコに付いた精液を舐めた。

 

Tが「次はSが気持ちよくさせてね」と言い、寝転んだ。

僕は、Tとkのマンコを交互に舐めた。

Tは耐えてたが、Kは声をあげたりしてばれるのかドキドキした。

 

Tが「もう挿入して」と言ってきた。

僕はかなりドキドキしていた。

僕は自分のチンコを持ち、ゆっくりとTのマンコに入れた。

Tは最初は声を漏らしたが、僕のチンコは奥に入った。

そして、僕は腰を振った。

 

「あっあ~~」と、かわいらしい声が漏れる。

「お兄ちゃん私にも入れてよ」とKがマンコを広げて言ってきた。

僕は仕方なくTから抜き、Kのマンコに近づけ入れた。

Kはやっぱり小さくきつかった。

 

Kは「あ~~~~痛い~~~」と泣き叫んでいた。

僕が「抜こうか?」と聞くと

「ダメ、抜いたら嫌」と自分から入れてきた。

僕は同じように腰を振った。

 

「K、どうだ気持ち良いか?」

「う、うん痛いけど気持ちいいよ」と消えそうな声で答えてくれた。

Tが「S、Kちゃんの中には出したら駄目だよ」と忠告をくれた。

 

「何で?」と聞くと

「中に出すと妊娠してしまうから」

「じゃあどうすればいいの」

「今度は私に入れて?そうしたら教えてあ・げ・る」

僕はKからまた抜くと、Tに入れた。

 

「あっあ~~やっぱり癖になりそうだよ」

「で、教えてよT」

「それは出そうになるときに言ってね。その時に教えてあげるから」

僕はそう言われると、更に腰を振った。

Kは寂しそうにしていたので、僕はKに「乳首舐めさせて」と言った。

Kは嬉しそうに近づいてきて、乳首を口に近づけてきた。

僕は、その乳首をなめて気持ち良くさせてあげてると限界が来た。

 

「Tもう出そうだよ」

「じゃあ急いで抜いて」

僕は言われたとおりに抜いた。

 

「私の顔とKちゃんの顔に出せば良いの」

TはKを僕の前に引っ張り出した。

そして、僕は2人の顔に出した。

2人は、顔についた精液を美味しそうに舐めていた。

ようやく、僕の初体験が終わった。

 閲覧回数:3,156 PV
 評価:12345 5.00 (1 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:エロ小説 , 男性のエッチな話
 タグ: ,  ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報