2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

幼馴染の大好きなお姉ちゃんと34年ぶりに再会してからオスの本能が騒いで告白、熟年を迎えて再婚して性を謳歌する50歳近い新婚夫婦の性生活

この記事の所要時間: 417

「失礼しまーす‥‥」

男子トイレで用を足していると、清掃員の女性が入ってきた。

ちょうど、俺の後ろの用具入れを開けて何やら作業しているようだった。

滴を切って、手を洗おうと振り返ったら、ドン!

「あ、すみません。」

「ごめんなさい‥‥あ‥‥こ‥康ちゃん?」

何年振りだろう。彼女が引越したのは俺が小学校5年生の時だから、34年ぶりだった。彼女は俺の2歳年上だから、47歳だった。

「あ、陽子姉ちゃん?」

 

物心ついたときには一緒にいた。

公営住宅のお隣さんで幼馴染のお姉ちゃん。

いつも一緒に遊んでくれた優しいお姉ちゃん。

でも、中学生になったお姉ちゃんは、うなじで束ねた髪が大人っぽい綺麗なお姉さんになった。

そして引っ越していった。

俺は、大好きなお姉ちゃんがいなくなって、わんわん泣いたっけ。

 

再会したその場で連絡先を交換し、週末会った。

俺は、14年連れ添った妻を5年前に亡くし、大学受験を控えた娘と二人暮らしだった事を告げると、陽子は離婚して11年、今年大学を卒業して社会人1年生の息子がいることを話した。

陽子は小柄で美形だった。可愛い美人だった。中学生のときと同じ、うなじ辺りで束ねた髪が清純そうなイメージで、年上に見えなかった。

一人暮らしの陽子のアパートへお邪魔したり、幼馴染が復活した。

一緒にお酒を飲むような、いい年の大人なのに、昔のように陽子が俺を弟扱いしていた。

俺は、可愛い美形の女性と二人きりの状態でオスの本能が騒いで、後ろから陽子を抱きしめた。いい匂いがした。

「ちょ、ちょっと、何してるのよ。」

「陽子姉ちゃん、俺、ずっと好きだったんだ‥‥」

押し倒して唇を重ねた。次第に抵抗が形だけのようになり、股間に中指を這わせたところで、
「わ、わかった。わかったから放して‥‥シャワー‥浴びさせて‥‥」

陽子は浴室に消えた。暫くして、タオルを巻いて出てきた。俺もシャワーを浴びて戻ると、寝室に布団が敷いてあった。

「まさか、康ちゃんに抱かれることになるなんて‥‥」

「嫌なの?俺、陽子姉ちゃんが初恋の人だよ。お嫁さんにしたかったんだよ。」

「こんな‥おばちゃんの体‥‥」

華奢だったが、年の割りにかなり瑞々しい裸体だった。胸はいい形でツンと上を向いていた。姉のように慕っていた綺麗なお姉さんの割れ目は灰色に色付いてはいたが、離婚して長いからか47歳にしては綺麗なラビアだった。

「あんまり見つめないで‥恥しいじゃない‥‥あん…」

クリを舐めたら可愛い声が出た。レロレロレロと舐め続けたら、
「うあああ、うあああ、だめええ」

陽子は喘ぎながら身を翻して逃げた。

「‥ふう‥‥頭がおかしくなっちゃう‥‥康ちゃん‥エッチすぎだよ‥」

「陽子姉ちゃん、もっと素直に感じてよ‥陽子姉ちゃんに気持ちよくなって欲しいんだよ‥‥」

「だって、恥しいよ‥‥」

「俺の子と嫌い?」

「そういうことじゃなくて‥‥」

47歳の幼馴染の可愛らしい裸体に、俺のチンポは久しぶりに腹まで付きそうなほどイキリ起っていた。

「あら、康ちゃん凄いわね‥‥うわ、硬い‥‥」

陽子は俺のチンポを指先で弄り呟いた。そして、ゆっくりと咥えて亀頭を舐めた。

「陽子姉ちゃん、入れたいな‥」

陽子は足を開いて横たわった。ゆっくり入れた。かなりキツく、浅かった。

「んんん~‥‥こんなことするの、11年ぶりよ‥‥はあああ‥」

陽子のヴァギナの上側を削るように腰を動かした。少しずつ陽子の喘ぎが大きくなった。深いグラインドの後ピストンを早めた。

「あ、あ、あ、あ、ああ、あああ、あううう‥くう‥う‥‥」

陽子はシーツを握り締めて腹筋に力を入れて硬直して、ガクガク震えて逝った。

暫くして、
「‥やだ‥‥私‥康ちゃんに逝かされちゃった‥‥恥しい‥‥」

「陽子姉ちゃん、可愛かったよ。ねえ、俺まだ逝ってないから、もう一回入れさせて。」

今度は自分が逝くことに専念したが、一度逝って敏感担っている陽子もまた激しく感じていた。陽子の腹上に射精した。

この年になって、こんなに充実したセックスが出来るとは思わなかった。

 

その1年後、俺と陽子は昨年春に夫婦になった。

子供達が巣立って50歳近い新婚夫婦は水入らずで週4回は性生活を楽しんでいる。

もう、陽子は恥じらいを捨てて夫婦の交わりを楽しんでいる。

「私、50歳近いのにこんなにエッチするようになってるとは思っていなかったな。それも康ちゃんと夫婦になるなんて‥‥」

俺は、可愛い美形の陽子が乱れる姿を見るのが止められない。

天国にいる俺達の両親は、幼馴染の俺たちが熟年を迎えて再婚して、性を謳歌する姿を見てどう思っているだろう。

何十年も離れていた幼馴染と再婚した人なんて俺達くらいかな。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報