2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

嫁一筋15年の俺が43歳で生まれて初めて浮気した相手は好きだった幼馴染

この記事の所要時間: 220

結婚して15年間嫁一筋だった俺は、43歳で生まれて初めて浮気した。

相手は、幼稚園から中学まで一緒だった幼馴染の佳枝だ。

今は違うけど、当時の公立進学校は男子高と女子高だったので、そこから疎遠になっていった。

でも、俺は佳枝が好きだった。

そんなに可愛いわけじゃないけど、何故か好きだった。

俺の中2の長女と同じクラスに佳枝ちゃんの次女がいた。

俺の小5の長男のPTA役員を女房がやっていて、長女の三者面談に俺が行ったときに再会した。

メルアドを交換して別れたのが4月だった。

 

そして5月のある日。

誘ってきたのは佳枝だった。

コンビニの駐車場で佳枝を拾った。

行く当ても無く走っていたが、沈黙を破ったのは佳枝だった。

「あのね、私、Akira君のこと、好きだったんだ。それで、その‥‥」

「俺も、佳枝ちゃんのことはずっと好きだった。それを言ったことで、仲良しでいられなくなったらと思うと言えなかった。」

「あのね、一度だけでいいんだ。一度だけ、愛し合ってみたい‥‥今日、大丈夫な日だし‥‥」

 

インターチェンジのそばのラブホテルに入った。

シャワーを浴びた佳枝が、恥ずかしそうに微笑んだ。

6歳下の恋女房のほうが圧倒的に可愛いのに、何故か佳枝を好きな気持ちが消えなかった。

佳枝の裸は、女房よりも贅肉が付いていたが、アソコは女房よりもキレイだった。

今でも週3回は女房を抱き続ける俺は、佳枝が旦那にあまり構ってもらえていない事を感じていた。

そんな芳枝は、クンニリングスに派手に悶えた。

「ウチの人、そんなことしてくれないんだ。私には舐めろって言うけど‥‥」

そう言いながら、俺のチンポを舐め始めた。

ナルホド上手だった。

「赤黒いのね。奥さんのこと、いっぱい愛してあげてるんだね‥‥」

コンドームをつけようとしたら、生でいいといわれた。

生で入れた。膣内も抱き心地も、女房より柔らかかった。

「アアン、アアン、アアーーー‥‥Akira君‥今日は‥大丈夫な日だから‥中に、中にちょうだい‥‥ウアーー」

俺は一瞬躊躇したあと、佳枝のお腹に射精した。

「やっぱり、中には出してくれなかったんだ‥‥でも、直接触れ合えたから、私は満足よ‥‥」

安らかな微笑で佳枝は目を閉じた。

優しくキスをした。

 

それから半月後、佳枝が入院したと聞かされた。

そして、2ヶ月経った今も退院していない。

佳枝は、何故あんなタイミングで俺に抱かれたがったのだろう。

それを考えると、とてもいやな予感がしている。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報