2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

妻が他の男に抱かれる姿を見たいがために後輩と犯され計画を練った旦那が味わう内緒の興奮

この記事の所要時間: 456

「最近、妻が他の男に抱かれる姿を考えると興奮するんだよな?」

「マジっすか?でも、あの奥さんなら…俺が犯したいっすね」

「よく、街中で妻と一緒に買物していると、男達がチラチラ見る時あるんだけど、パンチラなんか見せたくてなぁ」

「そうりゃ、あの奥さんならみんな見ますよ」

「最近は、ワザとミニスカート履かせたりして、ドキドキ感を楽しんでるんだけど、今一なぁ」

「じゃ今度、俺に見せて下さいよ」

「お前に!!!、幾ら出す?」

「金取るんすかっ!まぁ本気なら出しますよ!」

 

こんなくだらない話しから始まった。

私(30歳)は、妻(28歳)と結婚して5年になります。今も子供はいません。

私が言うのも何ですが、妻は清楚な感じで、髪はロングで、かなり色白!体は88・61・92若干下半身太めのムラッと来る女性です。

もちろん、駅で一目見て惚れ!何とかゲットした女です。

今でも、1人でいるとナンパされる位です。

エッチも好きで、M系です。何の問題も無く、尽してくれる理想の女性です。

だからなのかもしれませんが、そんな妻が他人に抱かれたら!なんて考えてしまうんです。

 

週末、俺は何時も様に、妻と買物に出かけた。

妻には、ミニスカートを履かせ、胸元が開いた服を着る様に言ってみた。

妻は、俺が好む服装に着替えてくれた。

大型デパートに着くと、俺は後輩の携帯に電話した。

「×××デパートに来ているんだ…来るか?」

すると、後輩は「直ぐ向かいます」と言い、電話を切った。

 

デパート内を見ていると、妻をジロジロ見る男が数人いた。

年代は20代後半から50代まで幅広い!

しかし、特徴は如何にもエロ大好きって感じの人で、多分独身だろう?何度もすれ違う。

妻は、全く気付いていない。

(毎回ですが、あまり周りがよく見えていないと言うか?鈍感と言うか?)

 

私達が服屋さんを見ている時、後輩から電話が来た。

「今、付きました。どの辺ですか?」

俺は「××店」と言うと「分かりました」と切れた。

暫くすると、後輩が見えた。

俺は妻に、ちょっとトイレ行ってくると言い、その場を離れ、後輩の元へ行った。

 

「来たな!エロ助!」

「先輩が来いと言った様なもんでしょ」

「あれを見ろ!あの男達は妻をストーカーしてるんだぜ」

「マジっすか?確かに見てますね」

「じゃ、始めるか!お前に見える様に仕向けるからな!」

「いいんすね」

 

俺は、妻の元に戻った。

妻と話をしながら、エスカレーターへ向かった。

エスカレーターに乗ると後輩と一緒に男数人も乗ってきた。

妻に「靴汚れていないか?」と言うと、ちょっと屈んだ。

後輩を見ると「OKサイン」をしていた。

見えたんだろう。

 

その後、映画館に向かうとヒット作だけあって、混雑していた。

立ち見でもいいか?と言う事になり、一番後部の手すりに立って見ていた。

後輩も俺の近くに陣取っていた。

俺は耳元で、「俺が触ったら、その後に好きに触っていいぞ!俺が触っている事にするから・・・」と言った。

映画も始り、俺は妻の尻を触った。

「えっ」と妻が俺を見た。

「いいじゃないか?映画に集中!」と言った。

妻も「うん」と頷き、映画を見始めた。

 

後輩と手を入れ替え「好きにしていいぞ」と言った。

後悔は初めはスリスリだったが、段々エスカレートしてスカートを捲りあげると、パンティの上から触り始めていた。

妻は完全に俺だと信じている様だった。

後輩は、遂にパンティの中に手を入れた。

「あ~ん」妻が小さく声を出した。

後輩はパンティを下げると、マンコに手を滑らせた。

妻は時折、「あっ・・うっ」と声を出していた。

 

その時、後輩が「先輩!他の男が入ってきてる」と小声で言ってきた。

妻のお尻を見ると、確かに手が何本も見えた。

手を追ってみると、さっきストーカーしていた男がいた。

「まぁ気にするな!」と後輩に言うと、後輩も一緒になって妻の下半身を味わっていた。

黙っていたのが男達に火を付けたのか?遂には胸を揉み始め服も捲り上げ始めていた。

ブラジャーの下の部分が出始め、遂にはブラジャーも外された。

妻は完全に感じて目を閉じていた。

 

流石にこれ以上はまずいと思い、俺は男達の手を払いのけた。

男達に睨みかけると、みんな急いで撤収し始めた。

後輩も、じゃこれで・・・と言い残し、消えた。

俺は、妻の服装を直し始めて気付いた。

パンティが無い。どさくさに紛れて誰かが、パンティを剥ぎ取っていったのだ。

結局、その日は妻はノーパンで帰宅する事になった。

 

妻も「今日はどうしたの?急に触るから、感じちゃった!でも、何か手が多かった?…」

俺は、「色っぽかったよ」と頬にキスすると、妻は笑顔で「楽しみは夜ね!」と答えた。

後輩に電話すると、「先輩良かったっす!今度おごりますから」とご満悦だった。

でも妻のパンティを盗ったのは、後輩以外のストーカー達と知ったのは、後輩と会社で話した時だった。

 

「この間は、本当良かったっすよ」

「そうか?俺的にはちょっと興奮が足りなかったよ」

「え~あんな事されたのに…先輩ヤバいっすよ!」

「今度、もっと興奮する様な計画立てないとな!」

「また、呼んで下さい。何処でも行きますよ」

ページ:

1

2 3

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報