2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

女性看護士とセフレになった退院前のデートへのお誘い

この記事の所要時間: 213

【投稿者名】エッチな名無しさん  【性別】男性 :2016/00/00 00:00:00

 

10年前に脳梗塞になった。

自分で気付くのが早かったので、脳外科病院へ直行、即入院、一ヶ月で退院。

入院中世話になった看護士の中に、爆乳の看護士がいた。

 

退院の三日前、看護士が巡回に来た時、名刺とデートしたい旨を書いたメモ用紙を渡し、返事を貰うことにした。

看護士からOKの返事を貰い、昼食を一緒に。

 

二度目のデートはドライブ。

途中ラブホに誘うとコクンと頷いたので、ラブホを探して部屋へ。

 

部屋へ入ると直ぐに抱きついてきたので、腰を抱き寄せてキス。

彼女の方から舌を入れてきた。たわわな巨乳を下から揉み上げ、抱き寄せたまま手をスカートの下へ。

マンスジの部分を触ると、もう濡れていた。

パンティの上からそこを刺激していると、ああ~我慢出来なくなるぅ。

 

ベッドへ行きブラウスのボタンを外し、ブラをとると、ピンク色の乳首と爆乳。

全部脱ぐのも待ちきれず、下の方だけ全部脱がすと、前戯など必要ないくらいに濡れ濡れの状態。

俺のマラも、既にギンギン。

彼女も待ちきれないようで、マラを掴むと「早く入れてぇ」。

 

で、そのまま挿入すると「アッ、ああああ、ンンムゥ」と上体をのけぞらす。

腰を動かしながらクリを刺激すると「アア~ン、いやぁだめぇ」

「こんなに濡れてるじゃない」

「朝から何だかムラムラしてたの~、イヤぁねえ恥ずかしい事言わないでぇ」

 

10分あまり腰を振っていたら、俺もイキそうになってきた。

彼女は「あ~っ、やっ、いぃ~、あァァは~あああぁ~」と言いながら、腰をピクピクさせながら下から腰をグイグイ押してけてくる。

「あっイヤダメェイクイクいくぅ~」

 

我慢の限界に達した俺はそのまま、大量に発射。

彼女は脚でしっかり俺の腰を挟み、両手は俺の背中を掴んでいた。

射精中も「あっあっイイッ、熱いっ!熱いよっ!まだ、まだ出てるぅイイ~ッ!」とイキッっぱなしで腰をビクビクさせてる。よほど欲求不満だったのか。

 

それから毎月の通院日が楽しみになった。

通院日に、採尿という事で、採尿室の鍵を掛け濃厚なフェラ抜きをする。

ラブホでの濃厚セックスと病院でのフェラ抜き。この関係は今も続いている。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報