2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

女の一番感じるサネの扱いに慣れた50歳の妻帯者がカラオケ仲間という関係の既婚女性50歳を脅して無理矢理カーセックスした欲情の背徳行為

この記事の所要時間: 434

俺は、50歳で妻子ありの妻帯者だ。

12人くらいのカラオケの仲間がいるが、月に2回毎土曜日の夜に集まってカラオケを楽しんでいます。

その中の、同じ50歳で俺の近所に住んでいる家庭がある女性を犯ってしまった。4日前の話だ。

その日はなぜか俺の車で送っていくことになってしまい、彼女とはカラオケの仲間と言う間だけで、俺に対して異性感情は普段から持ってはいなかったが、俺は違ってて小太りの彼女と一度関係をもてたらと常日頃からチャンスを狙っていた。

 

この日、そのチャンスが巡ってきたんです。

夜8時に家路に車を走らせ、国道の脇にパンクなどの緊急退避できるへこんだ場所を俺はいつも選んでいて、いきなりそこに車を止め自分の携帯電話をの履歴を確かめるしぐさをして見せた。

彼女も何の疑いも持っておらず、俺の行動をよこで見ていた。

俺は、駐車場にほかの車が止まっていないのを確認すると、いきなりエンジンを止め彼女に抱きつきキスを求めた。

俺に感情をもってない女が「いいですよ」なんていうはずがなく、おれの顔を跳ね除けると血相を変えた。

「何するんですか、スケベオヤジィさん、やめて!ただではすみませんよ!奥さんに言いつけるわよ!」
と物凄い抵抗を見せた。

 

ここで俺がひるむわけがなく、ドアを開けて外に逃げようとした彼女を押さえ込み、左手で口を押さえて片方の手をスカートの中に滑り込ませパンツの脇から一気に指を二本押し込んでみた。

彼女は、俺の背中をバンバン叩きながらシートベルトで固定された体を振り払う格好で物凄い抵抗を見せた。

彼女に叩かれても興奮してて痛さは感じず、ひたすら指を出し入れさせオマンコをいじくってみた。

俺も失敗は許されず、あきらめたら大変なことになって警察問題になると
「静かにしろ、怪我するよ我慢してろ!あんたもいい思いさせるから我慢しろ」
と脅してみた。

俺の言葉に怖くなったのか抵抗がとまった。

すかさず、俺はベルトをはずしシート押し倒すと、スカートを捲り上げてパンツを素早く取り除き、顔を股間にもって行き舌を押し入れた。

一日の夜くらいになると、マンコの臭いもかなりきついものがあるが、俺にはそれが興奮をさらに高めてくれた。

指を二本入れながら、舌で女の一番感じるサネを念入りに舐めた。

国道を何台かの車が通過するときのライトの明かりが車に飛び込んでくる。

舐めてる時間はわずかだったが、また彼女が逃げやしないかと心配になり、スカートを取り去って下半身裸にしてさらに舐め続けた。

気のせいか、彼女の尻が左右に小刻みな動きを見せてきた。

「感じてきたな」と俺は察し、さらに舐めを早めた。

マンコから匂って来るものもなくなり、気持ち奥の方が中が濡れてきた気がする。

そして、しばらくすると彼女が我慢できなくなってきたのか、ほんの小さくうめきに似た声を発して尻の筋肉が固まった状態で両足をピーンと伸ばして、マンコをギュッと締めるのがわかった。

「往ったな」と俺は感じ、彼女から体を離し暗い室内ながら時折飛び込んでくる光で、彼女の顔を横に向けて下半身のだらしない姿が俺の興奮を最高潮にしてくれた。

 

俺が黙って自分のズボンを下げていると、彼女が
「コンドーム持っているんでしょうね?それでなきゃ、外に出してよ」
とはっきり注文をつけてきた。

俺は
「それはわかってる。ちゃんと外に出すから心配無用だ」
と答え、彼女の間に体を割り込ませた。

両足を持ち上げ、肩に担ぐ格好で押し込んだ。

そして、シートの背もたれをつかむと、激しく腰を突き上げた。

一度往ってるみたいだから、彼女がもう一度往くのに時間はかからなかった。

俺に抱きついたり呻き声こそ出さなかったが、見ればわかる顔の表情とオメコ微妙な閉め具合で充分わかる。

さすがベテランの彼女、さりげなくいやな顔をしながら体は俺を呼び込んでるようだった。

そのしぐさに俺が限界になってきた。

準備しておいたタオルを彼女の腹の上に広げると、腰の動きをさらに早め渾身の力をこめてさらに激しく突き上げ、快感なのか痛さなのか彼女が少し悲鳴をあげたのと同時に、俺は両足を肩から外すとタオルの中に射精した。

腹に出し切る間、指をマンコに入れてまさぐり余韻を楽しんだ。

中は、なぜかしっかりヌルんでいた。

 

俺は、満足するとチンコも拭かず素早くズボンを履くと、彼女の大事な部分をもう一個のタオルを出しふき取ろうとしたら、彼女
「自分でするから、ほっといて頂戴!バカ」
と一言吐き捨てるように言い、いきなりドアを開けると下半身何もつけてない状態で車外に出ると、しゃがみこんで小便の用足しをしだした。

その後、念入りに股の間をタオルでふき取り、車に戻ってくるとパンツやスカートをはきながら
「次にもう一度したら、あなたの奥さんに言いつけて、めちゃくちゃになるから覚悟しなさい!このバカ」
と激しく言葉を吐き捨てた。

でも、俺に言わせれば結構満足したくせに何言ってんだよと言えなくもなかった。

身体は正直だからなと思いつつ、彼女には平謝りの態度を貫いた。

今度カラオケで逢ったとき、どんな顔をするか楽しみでもある。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報