2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

大学のサークル仲間同士の合コンで知り合って処女を頂いた学習院大学のお嬢様

この記事の所要時間: 428

ちまたで話題の有名人のAとは、彼女が学習院大学の1年生の時に知り合った。

それも2回目のデートでA様の処女を頂けるとは。

最初は、大学のサークル仲間同士の合コンだった。

僕とAは意気投合し、翌週の日曜日に渋谷でデート。

その時は手を繋ぎながらの散歩程度だったが、2回目のデートの時に奥手で大人しいAを強引に渋谷の円山町のラブホテルへ連れ込んだ。

俺は当時、早稲田の4年生で女経験も豊富だった。

彼女はお金持ちのお嬢様らしく、気品と素朴さと真面目さが有った。

 

彼女は顔を赤く染めながらも抵抗せずにホテルの部屋までついて来た。

「私、こういうところ来るの初めてですから。それにまだ男の人を知りません。だから・・・・・・・・」

俺は処女を頂けるので有頂天になり早速、彼女の手をとりシャワー室へ入り、A様の服を先に脱がせてから自分も裸になってシャワーを浴びた。

当時は、まさか有名になるとは思ってもいなかったので、2回目のデートからはAと呼び捨てにしていた。

Aは俯きながらシャワーを浴びていたが、俺が彼女の手を勃起しているペニスに持っていくとAは、「男の人のって硬くて熱いんですね。」と、戸惑いながらも手は勃起物を握ったままだった。

俺は興奮してきてAのかわいい唇に吸い付き、彼女の僅かに開いた口の中に舌を挿入するとAは「ハァーン。アァ。」と吐息を漏らせながら俺に体を預けてきた。

俺たちは、暫くの間ディープキスを味わっていた。

Aの舌は滑らかで俺の舌に纏わりついて来た。

俺もAの舌を吸い、唇や彼女の顔全体を嘗め回してAの顔を俺の唾液まみれにしてしまった。

やがて、Aを抱えてベットへ運びタオルで体を拭きながら、キスし、彼女の大きめな乳房を揉んだ。

Aは喘ぎ声を控えめにあげて体をくねらせていた。

俺は彼女の乳首を吸いながら処女のクリトリスを弄んだ。

Aは「アアーン。ハァー。」と悶え始めて俺の勃起物を摩ってきた。

俺は、Aの口を大きく開かせてから勃起物を彼女の上品な口の中へ挿入して腰を前後に振ってみた。

Aは苦しそうにしていたが、俺のなすがままに身を任せていた。

『チュバッ。チュバッ。ジュルッ。スポッ。』と嫌らしく音を立てながら、Aは初めてのフェラを体験していた。

暫くフェラしてもらった後、Aの唾液と俺の我慢汁でテカテカになった勃起物を彼女の処女マンに宛がい、「入れるからね。」と彼女に囁いてから一気に根元までインサートした。

Aは、「痛い。止めてください。動かさないで。ヒッ。アァー。」と半ば諦め気味に言葉だけで抵抗していた。

しかし、きつくて絞まり具合の抜群な処女マンを満喫している俺には、Aの声は無意味だった。

彼女のキツイ処女マンを突きまくり、体位も正常位、座位、騎乗位、バックと変えながらピストンを繰り返して、お嬢様の処女マンを味わった。

そして射精感が込み上げてきたので、Aに断ることなく、彼女の膣内へ大量のザーメンを放ってしまった。

Aは、処女喪失の激痛に襲われた事で朦朧としていて膣内射精された事に、気付いていないようだった。

勃起物をAのオマンコから抜いてみると、俺の夥しいザーメンに混じって彼女の処女喪失の証である鮮血がA自身の処女マンから糸を引いて流れ落ちていた。

 

Aは息を乱しながら、呆然としていた。

俺はそんなAが愛おしくなり、何度も彼女の唇にキスした。

Aも俺がしつこくキスを繰り返しているうちに反射的に舌を絡めてきて、俺の背中に手をまわしてきた。

俺は再び勃起してしまい、ザーメンと鮮血が混じって汚れている処女マンにインサートしてみた。

今度も少し痛がっていたが、心なしか吐息や喘ぎ声がAの口から洩れてきていた。

彼女の息が荒くなり、かわいい口からは先ほどのキスで俺とAの混ざり合った唾液が溢れ出ていた。

俺はAの大きくて弾力のある乳房を乱暴に弄び乳首に歯を立てて吸い付いた。

Aは「アァアアー。」と喘ぎながら背を反らせて善がっていた。。。。

俺は正常位のままピストン運動を繰り返し、そして2度目の膣内射精に成功した。

今度も多めのザーメンがAの膣内へ放たれたので、妊娠の1文字が頭に浮かんでしまったが若かったせいか、すぐに忘れてしまった。

彼女も中だしされた事が実感として感じていなかったようで、取り乱すこともなく目を閉じながら息を整えていた。

俺の下でAが眩しそうに俺を見上げていた。俺は再度、Aにキスの嵐・・・・

その後、二人はサービスタイムの3時間内で体力と精力の持続する限り何度したのかも思い出せない位、SEXを満喫した。

何度かAが体を大きく痙攣させていたので、イクことを覚えたのかな・・・とも感じた。勿論、全て膣内射精だった。。。。。。

渋谷のラブホを出て二人は駅で別れた。

 

その後、何度かAに電話してみたが、会ってはもらえず、二人の仲は自然消滅してしまった。

数年後、Aがとある名のある方とデートしたり、婚約したりとニュースになっていたので驚いてしまった。お幸せに……。

俺にとっては青春のいい思い出となった。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報