2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

同級生の淫乱雌犬に電話やメールで指示して野外オナニーの快感を与えている俺の日課

この記事の所要時間: 228

俺には、同年の雌犬が居ます。

住んでる場所はかなり離れているけど、電話やメールで雌犬のオナニーの指示を出したりしてます。

つい最近、電話でやったのでそのことを話そうと思います。

 

夜、ウチの親が寝静まった頃を見計り雌犬にメールしました。

雌犬はちょうどエッチサイトを見ていてマンコが濡れており、苛めてほしかったようで、電話でオナニーの指示をすることになりました。

雌犬に電話をかけると、雌犬は既に「はぁ・・・んっ・・・」と軽く喘いでいました。

服を着ていたらしく、脱ぐように指示。

雌犬は俺の命令に従い、下着姿になりました。

「乳首を触れ」と言うと、雌犬の喘ぎ声が次第に激しくなっていき、息も荒くなっていきました。

俺の雌犬はマンコが好きなようで、触らせてあげました。

 

「んぁっ・・・はぁはぁ・・・気持ちぃぃ」とすでに喘ぎまくっていました。

今度は下着を脱ぎ、全裸になるよう指示。

雌犬は、はぁはぁ言いながら裸になっていく。

「脱いだよ・・・」と雌犬が言ったので「乳首を摘め」と指示。

やはり直に触る方が気持ちいいようで、「んぁっんんっ」と、どんどんいやらしい声を出してきました。

マンコもグチュグチュに濡れていたようだったので、マンコの音を聞かせるよう指示。

「クチッニュチッ・・・クチックチュチュ・・・」といやらしい音が受話器から流れてきました。

もう十分に濡れている、と実感した俺は、雌犬にベランダへ出るように指示。軽い野外オナニーの快感を味わわせました。

 

「ほら、誰かがお前のいやらしい姿をみているぞ」と言うと「いやっ、やめてっ・・・恥ずかしい・・・」と恥ずかしそうに言っていました。

その後、外に向かって下着を振らせました。

それだけなのに「あっはぁんっ・・」と喘ぐ雌犬。

外に向かっておっぱいを揉ませたりもしました。

室内でやるよりも気持ちいいらしく、雌犬の息もどんどん荒くなっていきました。

そして、外に向かってマンコを開けさせ中に指を入れるように指示。

それに従って指を入れ、マンコの中を思いっきりかき回し、喘ぎまくる雌犬。

「イキそぅ。。。」と言ってきたので、そろそろイかせてやることにしました。

「イッてもいいぞ」と言うと「はっはっはっはっ・・・私のマンコを見て!もっと見て!いやらしい私のマンコを見て!!」と連呼した後

「はっはっはっはっ・・・あっ・・・はぁ・・・はぁ・・・イキました・・・」と言いながらイッたようでした。

本当にいやらしい雌犬です。それが、その雌犬のイイ所なんですけどね。

 

今度は本格的な野外露出をさせるつもりです。

幸い、雌犬の家の近くに公園があるようなので、そこでさせます。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報