2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

初対面の女性に「私を逝かせて!」と言われた催眠術がデキる包茎短小早漏オジサン

この記事の所要時間: 313

【投稿者名】エッチな名無しさん  【性別】男性 :2016/06/02 11:47:03

 

 若奥様達が集まる喫茶店で 突然良く通る声で「私を逝かせて下さい!」と言われました。

パニクった私は、思わず「包茎短小早漏の私には無理!」と答えてしまい、店内の若奥様達に聞かれてしまいました。

切っ掛けは面白くないので省略します。

 

 地元の駅ビルの中の50席くらいの喫茶店で待ち合わせしました。店内は20代30代の女性たちでほぼ満席です。

10時待ち合わせでしたから5分前に入店しました。一番入口に近い場所に座りました。隣のテーブルとの間隔は60センチくらい。

テーブルに目印のビックコミックを置きコーヒーを頼みます。待ち合わせの女性は初対面。年齢も雰囲気も何も分かりません。

逢う目的は 私は催眠術が出来るので催眠術で過去のトラウマの原因を探す事です。相手に不安感を与えないために人が多い明るい場所と時間を選びました。

 

 約束の10時丁度。座った私の頭の上から突然声が響き渡りました。

「私を逝かせて下さい!」

耳を疑いました。「えっ何?」

「○○さんですよね。私××です!私を逝かせて下さい!!」

 

 私も固まりましたが 隣や周囲で歓談している女性達の声が止まりました。多分 お耳がダンボ状態でしょう。

「あのね ちょっと待ってちょっと待って。なにそれ。あのね そんな…僕そんな話ししてないよね。」

「はい。でも… 私、逝かないと困るんです!」

「…… 取り敢えず ね、立ってないで座ろうよ。それにほら もう少し声を落として そんな話し…。」

 

 ようやく彼女は腰を降ろしました。

「兎に角落ち着いて 何か飲み物でも頼もうよ。」

「私 水で良いです。」

「そんなこと言っても。」紅茶とケーキを頼みました。

 

 ウエイトレスが無関心を装ってケーキと紅茶を運んできました。周囲のテーブルは無言でこちらを窺っています。

「あのね なにそれ、そんな話し何もしてないよね。」

「はいでも 友達に相談したんです。催眠術が出来る人と知り合ったって。そうしたら逝かせてもらいなさいって。その友達も逝けなくて 催眠術で逝けるようになったって。だから 逝かせて下さい。(きっぱり)」

「あのね そんな 知らないよ。仮に出来るとしても 僕 その方法知らないし。」

「大丈夫です出来ます。催眠術を出来る人なら絶対出来るって友達が言ってました。」

 

 正直、その友達を恨みました。

「仮に 出来るとしても 僕 今までに女性を逝かせたことないんだよ。それに 小さいし 早いし それに包茎だよ。」

どう見ても20代にしか見えない小娘に、50歳近い親父がそれもこんな女性だらけの喫茶店でカミングアウトしなければならないのでしょう。

この繰り返しを30分くらい繰り返しました。何度も何度も早漏短小包茎と繰り返し、公表せざるを得ない結果になりました。

彼女は頑として「絶対できる!逝かせて下さい。」を取り下げず、女性たちの好奇の視線を背に二人でホテルに向かいました。

 

 ホテルに入って結局彼女の主張が正しい事が判明しました。そしてその時、彼女が21歳である事。ボリュームと張りのある胸を持っている美人である事を知りました。

30回以上絶頂に狂い 何度も潮を吹きました。ベットから降りるとき 流石に若い彼女も腰が砕け立てませんでした。

この日から 私の性に対するコンプレックスが 半分なくなりました。でも 早漏と短小 包茎は変わりません。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/06/05(日) 11:22:23 ID:EyNjc5NzY

    ごめん、意味わからん。

    • 名前: 素人
    • 投稿日:2016/06/05(日) 11:46:53 ID:A0NjA0ODU

    病は気から

    と同じ?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報