2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

入院中に知り合った推定六十路のオバサンと中出しセックスする内に恋心を抱いたボクおぼっちゃまくん

この記事の所要時間: 746

数年前の話になりますが、ボクは胃潰瘍でとある病院に手術&入院してました。

手術は成功して、集中治療室にて屁が出るまで過ごして、一般病棟に移りました。

毎日、点滴&投薬治療を続けてました。

毎朝、病室に掃除に来る太ったオバサンが居まして、ボクは「おぼっちゃまくん」とあだ名を付けられました(笑)

 

毎日掃除に来る度に、尿道カテーテルのタンクバックを見られるのがイヤでした。

でも、一切イヤな顔をせずに、タンクバックのおしっこを捨ててくれるオバサン。

なんか、変な自分の秘密を一部知られてしまったような背徳感を感じながら、入院生活を過ごしました。

一週間もすると、カテーテルは抜かれて普通にトイレに行けるようになりました。

 

そして、数日経ったある日。

朝の点滴が終わり、膀胱がパンパンになってしまって、フル勃起してる状態で男女共用のトイレに駆け込んだ際のこと。

おしっこをする便器の前を見たら、前の人が垂らして飛び散ってるおしっこがありました。

ばっちぃので、ボクは一歩下がって勃起状態のチンポをパジャマから出して、目を瞑ってシャ~っとオシッコを出しました。

その時、奥の個室が開く音がしたが、気にせずオシッコを出していたら

「あら!おぼっちゃまくんじゃないの!」

「あぁ、オバサン」

ボクのモロ出しのフル勃起してるチンポが、オバサンの眼に入ったみたいで

「おぼっちゃまくん元気なんねー」

と横から言われ、ボクのチンポを覗き見られてしまった。

 

もうボクは、カテーテルのタンクバックをキレイにしてくれたりしてるオバサンの姿を見てるから、見られてもあまり恥ずかしく無かった。

オバサンは、ズボンの裾を治すフリをしながらボクのチンポを見ていたようだった。

気にせずにオシッコを出し続けて、出し終わってしずくを振っていたら

「いやー、おぼっちゃまくんのを見ちゃったー、元気なんね!アハハ」

と言いながら、オバサンは仕事に戻って行った。

 

そして、その日の昼過ぎにオバサンがゴミ箱のゴミを回収しにボクの居る病室に来た。

「おぼっちゃまくんのゴミは無いのかい?」

と言いながら、ボクのベッドの脇のテレビの台に何かメモ用紙を畳んで置いたのを見た。

が、その時は何だかわからずにいた。

オバサンが部屋から出たらメモを開くと

「おぼっちゃまくん、退院したらアタシとどこか食事に行きませんか?」

と電話番号が書いてあった。

 

「もしもイヤならば、いつも通りにしていて」

「周りにはこんな事を言わないで!」

と書いてあった。

ボクは、なんか心が踊った(笑)

 

ココでオバサンのスペックを、年齢推定60チョイ、デブ体型で顔は渡辺えり子似。

 

次の日、いつものようにオバサンがモップを持って朝の掃除に来た時に、周りを見渡しスキを見てオバサンの手を握った。

オバサンが、ドキッとしながらニコニコしていて部屋を出て行った。

 

それから一週間か十日位経ち、ついに退院許可がおりて退院となった。

ボクは看護婦さんやら介護士さん達みんなに挨拶をして回って、最後に掃除中のオバサンにも挨拶しに行き

「電話しますね!」と小さな声で言ったら、ニコニコしていた(笑)

みんなの手前、オバサンも普通に「元気でね、もう病院に来ないでね」と言っていたが、顔がニコニコしていた。

 

その日、メモに書いてあるオバサンの番号に時間を見計らって電話したら、オバサンが出て

「色々お世話になりました」から世間話を始めたら、なんとオバサンは旦那に先立たれ一人暮らしとの事!

二人の娘も嫁に行き、家には一人で寂しく暮らしてると聞いた。

娘さんの年齢とかオバサンの年齢を聞くと、たぶんつまらなくなると思い、あえて聞かなかった。

 

「アタシあさって休みだから。おぼっちゃまくん、明日ウチに泊まりに来たら?」と誘われた。

「うん、行きます!」

「おぼっちゃまくん、何を食べたいのかな?アタシ作っておくから~」と言われ

「じゃあシチューを食べたいな」とオバサンに言ったら

「じゃあ作っておくよー。楽しみにしててねー」

「はーい、楽しみにしてまーす。」

と言って電話を切った。

 

そして、翌日。

夜の八時頃に、時間を見計らってオバサンの家に電話をしてからカギを開けて貰い、家の中に入ったらちょうど鍋がグツグツしててシチューが出来上がる頃みたいでした。

「おぼっちゃまくん。ご飯が先?お風呂が先?」

と聞かれ、どうせ二人で一緒にお風呂に入る事になるだろうからと思い

「お腹すいた」と言ったら

「じゃあシチューを食べましょう」となり、シチューを食べた。

予想してたより美味しかったので、おかわりをしたらオバサンが喜んでいた(笑)

 

食べ終わり、食器を流しに片付けていたら

「お風呂は、おぼっちゃまくんどうする?」

「うん!そうっすねー、じゃあボクと一緒に入りますか」

と言ったら、ニコニコしながら皿を洗っていた。

そして、ボクはスッポンポンになり「〇〇〇さん早くぅ」と言い、オバサンの服を脱がせた。

 

二人で風呂場へ向かい、かけ湯をしてから二人でバスタブに入った。

オバサンの太ってるボテボテの体をチラチラ見ながら両手でオッパイをわしづかみにしたら、

オバサンが仕返しにボクの勃起してるチンポを握り、反対の手でタマをモミモミされた(笑)

「おぼっちゃまくんのって大きいのねー」とオバサンは言ったが

「ナニを言ってるん、散々見たじゃないの~トイレでさぁ」と言うと、

「アハハ!そうだけど、触ってはいなかったからさぁ(笑)じゃあ、体を洗ってあげるから」と言われ、バスタブを出て椅子に座った。

石鹸を泡立てて、オバサンは全身をくまなく洗ってくれて、お腹の手術跡の傷までアワアワしてくれた。

最後には、ボクのチンポからお尻の穴までキレイにしてくれて、思わずガマン出来ずに暴発しそうになりました。

 

「交代しようよ。〇〇〇さん」と言って椅子に座ってもらい、背中から順番に洗ってあげた。

最後には、お返しにワンワンスタイルにさせて、お尻の穴と蜜壺を指でこねくり回してイタズラしたら、

愛液がドバドバと出てきてしまい、スゴいいやらしい音が風呂場に響き渡った。

オバサンは「ウーウー」と必死に堪えているようでした。

ボクは、たまらずオバサンの体の泡をシャワーで流して、バスタブの中に入らせた。

そして、ボクは湯船のフチに座り、オバサンの顔の前にチンポを持っていき、フェラしてもらった。

 

もう爆発寸前で湯船から出てもらい、湯船の淵に手をつかせて後ろからバックでズドンと挿入したら、オバサンが初めて「アンアン」と言った(笑)

タプタプのデカいお尻を掴みバコバコしてたら、風呂場に再びイヤラシイ音が響き渡った。

オバサンのオマンコの感触を確かめ、感じていたら意外に締りが良くて、ついに我慢の限界になり、

そのままオッパイを後ろから掴みながら、オバサンの奥深くにドクンドクンと溜まってる精子を放出しちゃいました。

二人で、しばらく結合したままオッパイをモミモミしたり、親指でお尻の穴をグリグリしたりしていたら、ボクのチンポが萎んできて、

そのまま壺洗いもせずに再びバスタブの中に入り、二人で顔を合わせてブチュー&ベロベロとキスをしました。

二人でしばらく抱き合って、まどろんでいてオバサンの顔を良く見たら、歳の割には結構美人じゃないのかなと思った。

歳と言っても、推定60歳超えですがね(笑)

オッパイの張りは歳相応だが、オマンコの締り具合なんかまあまあだったと思った。

 

「どうだった、〇〇〇さん?」「中出しされて屈辱じゃない?」

「うん、最高に良かった。ゴメンね、こんなオバサンで、しかもおぼっちゃまくんのお母さんとそんな変わり無い歳でしょ?」

「イイのイイの、年齢の事を言うとお互いつまらなくなるだろうからヤメようよ!それより、お尻の穴をボクがイジったの気持ち良かったの?」

「えっ?」

「気持ち良かったの〇〇〇さん?」

「知らないよ~そんなん!」

「えっ?コッチだよコッチ!」と言い、お湯の中でお尻の穴を指でグリグリ。

そしたら、両手で顔を隠して必死に堪えて「知らない、もうイジワル」と言われ、キスをされた(笑)

「後でタップリとお尻の穴をペロペロしますから、キレイにねー」

「イヤよーおぼっちゃまくんったらぁ~」

「ホントにイジワルなんね~」と言われてしまった(笑)

 

お互いの身体をバスタオルで拭いて、敷いてある布団を見たら既に枕が二つあった。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: チューバッカ
    • 投稿日:2015/12/28(月) 00:39:28 ID:I1MjY2MDY

    とても、いい話で感動しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報