2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

先輩の奥さんと抱き合った一日だけの淡い想い出

この記事の所要時間: 530

【投稿者名】Hunter  【性別】男性 :2016/09/10 12:01:42

 

昔、世話になった先輩のもと奥さん。

先輩と暮らしているころ、何度か、裸体を目にすることは有ったけど、それは事故のようなものだった。

先輩の奥さんは、美人という感じではないけど、可愛いという感じでもない、だからと言ってブスではない。
清楚な顔立ちに、男を悦ばすような肉体がついている、大きなプリとした弾力性のありそうなオッパイ、ギュッと引き締まったウエスト、張りのある桃のようなお尻。

目にしただけで、俺の肉体が変化した、若かったからかも知れない、だけど、脳裏に焼きつくほどのインパクトだった。

 

何があったのか??
どうしてだったのか??

理由は忘れてしまったけど、抱きつかれ、濃厚なキスをされてことがあった、ワンピース姿、下着をつけていないのを感じた。
お風呂上りなのかな??

だけど、綺麗に化粧していた、俺をからかっているのかな??
先輩がお風呂に入っている間の出来事だった。

されるままだったからかな??
ときどき、先輩の隙を見て、悪戯な顔をしてキスをしてくるようになった、そんな日が続いた、それが嬉しくて先輩の家に出かけて、酒を呑んでいたのかも知れない。

 

ある日、先輩が行きつけのスナックのYさんと、仲良く歩いているのを見かけた、声をかけようと近づいていこうとしたら、繁華街のラブホテルに消えた。
男だから、こんなことがあっても仕方ないなあと思ったのを覚えている。

それから数か月たったころ、先輩が家に帰ってないのではないかなと思うようなことがあった。
仕事の忙しさも、一段落したので、先輩に久しぶりに呑みませんかと誘った。

「いつものように家で呑もうや。。。」
と、言われて、俺の勘違いだったのか??と、思い、いつものようにビールを抱えて出かけた。
奥さんも、いつもと変わらず、愛想よく迎えてくれた、やっぱり勘違いだったのだと思った。

今日もいつものように、奥さんの悪戯を受けた。そのときに
「今日は22時に帰ってほしい。。。」
「相談がしたいことがあるから連絡するネ。。。」
と、言われた。

いつもと変わらない雰囲気の中で、先輩と呑んでいると、奥さんと約束していた時間が近づいてきた。夫婦の大切な時間を邪魔してはいけない、と、思い帰ることにした。先輩に引き留められたんですが、用事がありますのでと。

 

酔っぱらって歩いても5分くらいなので、途中、自動販売機でビールを呑みながら。いつものとおり、鍵もかけず、ベットに裸で眠った。

帰って1時間くらいたったころかな??
電話が鳴っているのに気付いたけど、面倒だったし、こんな時間の電話をかけてくれるのは、スナックのママくらいだから、知らんふりして眠ろうと。

それから5分くらいったったころ、玄関のドアの開く音が、誰かなと思いながら起きたら、寝室に先輩の奥さんが入ってきた。

「えぇ。。。どうしたんですか??」
ビックリして聞いた。

「相談に来たのよ。。。」と、いい、ベットに腰かけた。

そして、話し始めた。
今日、あなたが来るということで久しぶりに帰ってきたという話だった。あなたが帰ったら、話もすることなくタクシーで出かけたらしい。
浮気してるというより向こうが家庭のようであること、生活するためにパートをしていることをすべてを聞いた。

その話を聞きながら奥さんが離婚を決心し、切り出す機会を待っているかのように感じた。

 

外が薄明るくなるまでそんな話を聞いて、そのまま二人でベットで眠った、ときどき感じる肌のぬくもりが心地よかった。

昼頃に目覚め、お腹がすいたので、カップラーメンでも食べようか??と、思い布団から出ようとしたとき、横に眠る奥さんの美しさに目が離せなかった。

見る見るうちに自分自身の肉体が変化し、理性では抑えきれないくらいに、キスならしても怒られないだろうと、可愛い寝顔にキスをしたら、大きなプリッとした弾力性のあるオッパイの感触を感じた。

その瞬間、オッパイを愛撫していた、大きく硬くなった肉体を優しく触る手に愛を感じた。
悦びを噛みしめる姿に愛おしさを感じ、愛撫を続けていると、肉体を触る手が握りしめるようになった。

 

そろそろ、入れて欲しいのだろうと思い、蜜つぼに手を、濡れているというより愛液が噴出しているようだった。
少し触れただけ身体をピクピクさせた。

あまりにも面白いのでクリちゃんを愛撫した瞬間に、「イク。。。」と、言って果てた。

あまりにも、あっけ無かったので、蜜つぼに大きく硬くなった肉体を入れ動かした、蜜つぼの中は痙攣したかのようになり、熱い愛液が噴出した。

狂うような声で、「また、イク。。。」「イク、イク、イクー。。。」と、言いながら目を白黒させた。

俺も早くいきたい、と、引っ繰り返し、後ろから入れて激しく動かした。狂いながらもお尻を突き出し、たまっていた精子をすべて蜜つぼの中へ、注ぎ込んだ。

満足すると同時に、「ダメー。。。ダメー。。。ダメー。。。」と、連呼しながら、蜜つぼが俺の肉体を締め付けた、痙攣と締め付けが何度となく続き、大人しくなった。

その後、カップラーメンを食べて、ふたりでお風呂に入り、またベットでセックスして、シャワーして、ベットでセックスして、夜までずっと中出しで狂った。

 

そんな1日を過ごして3か月ごろたったある日。

先輩から、俺たち二人、離婚したんだと聞いた。

「やっぱりそうだったんですか??」

「みんながYさんのところから先輩が通ってる。。。」と、噂していたから、「やばいのかな??」と、思っていました。

その日、先輩の家に行ったら、引っ越しして誰もいなかった。
何も言わず、奥さんは俺の前から消えてしまった。

 

あれから25年、二度の結婚と二度の離婚を経験し、4人の子供を育てた、女の子二人は嫁に行き、ときどき、孫を連れて帰ってくる。二人の息子たちも独立し、生活している。

今はひとり、あのころと同じように、鍵もかけずに裸でベットで寝ている、田舎だから別に鍵なんて未だに必要ない。

そんな生活に、また、ビックリするような事件があった。

 

(つづく)

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報