2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

互いのパートナーに不満を持つ男女が不倫SNSで知り合い修羅場の果てに見据える性活

この記事の所要時間: 216

今年結婚3年目を迎える俺。

嫁がいるにも関わらず、不倫に走る俺。

きっかけは些細なきっかけで始まる嫁との喧嘩。

俺のことを完璧に理解してくれとは言わないが、もうすこし歩み寄ってもらいたい。

あてつけにナンパでもやって、不倫して発散してやろうと思った。

 

しかし、ナンパは苦手な俺。

さらに、若い女は苦手だったので、どうせならW不倫をしたいと思った。

そこで、不倫SNSで以前から浮気を繰り返していた。

そこで知り合ったのがAさん。

この人も既婚者で、松嶋菜々子似の美人だった。

なすび似の嫁とは月とスッポン。

Aさんも、旦那と不仲になり、なかばヤケになりで不倫SNSをはじめたようだ。

つまり、W不倫になる。

お互い、パートナーに恵まれなかったもの同士なので、相手の身になって考えられる。

とても理想的な関係になれた。

 

なんどもエッチの回数を重ねていくごとに、なぜ自分は嫁より先にAさんに会えなかったのだろうと思うようになった。

あえぐAさんの表情が、とても愛しい。

俺とAさんは毎週会った。

嫁には仕事が増えて残業だと言って、金曜の夜に会う。

お互い、お泊りして朝帰りなんていう暴挙に出られないので、わずか数時間を惜しむように、丁寧なエッチを繰り返した。

すでに俺はAさんの性感帯を把握していたし、Aさんも俺の好きなフェラもたくさんしてくれた。

そんな蜜月を順調に過ごしていたが、青天の霹靂ともいうべきことが起きた。

Aさんの旦那に不倫がバレてしまったのである。

 

俺はすぐさま呼び出され、怒号の旦那に土下座させられた。

たしかに不倫した俺は悪いが、土下座するのは気分が悪い。

カチンとしながらも、これでAさんとの関係も終わりかと思うと辛かった。

なぜ俺はとことん、Aさんとの巡り合わせが悪いのか?

諦めたくなかった。

でも、ここで思わぬことが起きた。

Aさんが旦那に向かって、離婚を申し出た。

申し出るというよりも、一方的に三行半を突きつけたのだ。

 

怒声と罵声しか音を出さなくなった旦那を尻目に、俺の手を取り自宅をあとにした。

それからAさんは、俺の近所のアパートを借りて住んだ。

以前よりも会える時間は長くなった。

しかも、ホテルに行かなくて済むので、お金の面でも都合がいい。

俺は嫁と離婚しようと考えている。

Aさんと正式に付き合うためだ。

結婚はまだ考えていないけど、今より幸せになれそうだ。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報