2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

チューしてとキスをせがんでくる彼女とのラブラブH

この記事の所要時間: 426

【投稿者名】エッチな名無しさん  【性別】男性 :2016/06/05 22:03:09

 

 今の彼女と付き合って、初めてしたHが最高でした。初めて部屋に遊びに来たとき、昼飯を食べて二人でまったりしてました。

ソファに座って少しボーッとしていたら、彼女が私の膝にまたがってキスをせがんできました。

それまでもDキスは何度かしてましたが、自分の部屋だったのでいつもより激しめに、唇を甘噛みしたり舌を吸い上げたりしました。

するとすぐに彼女の目がうつろになり、呼吸が荒くなって感じ始めたので、そのままベッドに移りました。

 

 恥ずかしがるので電気を消し、下着姿にして、キスをしながら胸を揉んだり、乳首を指で責めたりしました。

かなり敏感で、「ふぁ、あっ」とすぐに喘ぎ声を上げながら身体をビクつかせ始めました。

しばらくそんな様子を楽しんでからショーツに手を伸ばすと、もうそこはじっとり濡れていました。

ショーツの上から割れ目をなぞりながら「大変なことになってるよ」と言うと、「だってチューして、おっぱい触るから~」と言いながら喘ぎます。

 

 それからショーツの中に指を入れたら、ビショビショというよりドロドロでした。しかもヌルヌルの割れ目を少し指で開くと、さらにドロッと愛液が流れ出します。

その愛液をクリに塗り込むようにしていじると、「あっ、ダメ!」と言いながら身体をえび反りにして感じます。

あまりに良い反応なので調子に乗って責めると、「あっ、あっ、あっ!」とイキそうになっているのがわかりました。

そこで一旦止めて、「イクときはちゃんとイクって言わなきゃダメだよ」と言うと、彼女は朦朧としながらうなづきました。

そして再開するとすぐに、「ダメ、イクイクイク!」と叫び、痙攣しながらイッてしまいました。

 

 そのまましばらく身体を痙攣させながら、「チューして」とキスをせがんできます。私はキスをしながら、もう一度割れ目に手を伸ばしました。

「ダメ、今イッたばっかり!」と抵抗する彼女に、「またすぐイケるでしょ?」と言って、今度は割れ目に指を入れました。

割れ目が開いた瞬間にまたドロッと愛液が溢れ、指がツルッと吸い込まれました。中指だけ入れたのですが、一本だけでも窮屈なくらい締めつけてきました。

「ヤダ、なんか侵入者がきた」と喘ぐので、「侵入者だよ。どこが気持ち良いかな」と言って中を弄ります。

「ここかな~」と言いながらGスポットの辺りをゆっくり撫でると、「あんっ、なんでわかるの!」と言って、また身体を反らせて感じます。

気持ち良さそうだったので薬指も入れて、二本で激しくかき混ぜてあげると、「あっ、ダメダメダメダメ、来ちゃう~!」と絶叫して、潮を吹きながらまたイッてしまいました。

 

 あまりに良い感じ方をしてくれるので、まだ挿れずにそのまま奥に指を伸ばしました。

まだ奥はあまり開発されていなかったようで、「何これ?」という調子でしたが、「気持ち良くなるところだよ」と言いながらゆっくり時間をかけて子宮口を揺さぶるように刺激してあげると、「何これ、何これ!」と感じ始めました。

「またイッちゃうの?もう三度目だよ」と言うと、「わかんない、もうわかんないよ!」と叫びながら、またイキました。

 

 さすがに3回イッてグッタリした彼女に、今度は正常位でゆっくり挿入していきました。指を入れたときに狭いことはわかっていましたが、半分くらい挿れると彼女は少し苦しそうにしました。

「痛い?」と聞くと、「痛くないけど、大きいからちょっとお腹苦しい」と言うので、ゆっくり最後まで挿れてから、そのまましばらく抱き合っていました。

しばらくして「慣れた?」と聞くとうなづくので、キスをしたり胸を触りながら、ゆっくり動きました。ただ動いたりキスをするたびに、彼女の中がキュン、キュンと締まるので、気持ち良くて私がすぐにイキそうになりました。

「あんまり締めつけないで。すぐイッちゃう」と言うと、「違うの。締まっちゃうの。おっきいから!」と言いながら、またキュンキュン締めてきます。

 

 しばらくは我慢していたのですがすぐに限界になり、「ダメ、もうイキそう」と言って、激しく腰を振りました。

パンパンと音を鳴らしながら腰を打ちつけるようにピストンすると、彼女も激しく喘いでいたのですが、私がイク前に「あっ、ダメ!先に、あっ!」と言ってイッてしまいました。

イクときに強烈に締めながら、自分から腰をこすりつけるように痙攣し始めたので、そのまますぐに私もイッてしまいました。

 

 しばらく彼女の痙攣が収まるまで挿れたまま抱き合っていました。

抜くと、ゴムをつけていたのに中に出したのかと焦るほど、ドロッと白濁した愛液が流れ出しました。

彼女は息も絶え絶えになりながら、「ダメ。もうハマっちゃいそう」と言ってくれてました。

あまり会える時間が少なく、彼女とは月一くらいしかHできないのですが、するときは毎回とても楽しんでいます。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: OIKAWA
    • 投稿日:2016/06/10(金) 16:52:39 ID:I1MDg2NjI

    私もヤってほしいな!!

    • 名前: OIKAWA
    • 投稿日:2016/06/10(金) 16:59:42 ID:I1MDg2NjI

    クンニしてほしいな~考えただけでアソコがもうヤバいです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報