2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

クラスの可愛い巨乳女子をオナニーのおかずにして人生を生き延びている妄想男

この記事の所要時間: 19

中学生のときにオナニーを覚えました。

クラスの可愛い女の子を日替わりでおかずにしていました。

ヒョロくて弱くて気持ち悪いぼくちんは女の子に話しかけることもできず、毎日毎日悶々としていました。

休み時間になるとトイレに駆け込んで、女の子の名前を小声で呟いて果ててました。

 

オナニーによく使ったのは、断トツで綾子でした。

Fカップはあるプルプルの乳、いやらしい顔付き、ケツ、全てが最高でした。

中学一年のときにシコリだしてから、今日まで2000回は脳内で犯しました。

 

綾子との妄想セックスは必ず着衣でします。

例えば、正常位で犯ってから乳にぶっかけるというストーリーです。

外からもわかるいやらしい乳を揉みながらバックで犯したり、パイズリして顔射したりと妄想は広がるばかりです。

 

同窓会で再会したとき、真っ先に乳に目がいきました。

シコるおかずを目に焼き付けようと必死になりました。

綾子はヤリマンになっていて、この乳を毎晩犯している奴がいるかと思うと興奮します。

毎晩毎晩綾子に挿入して乳揉んで中出ししているなんて羨ましいです。

 

オナニー太郎のぼくちんはシコるしかありません。

脳内で犯して辱めてやるしかありません。

 閲覧回数:1,509 PV
 評価:12345 3.00 (1 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報