2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

カップル喫茶や成人映画館で寝取られプレイをしている夫婦の奥さんのエスカレートした他人棒欲求

この記事の所要時間: 641

最近嫁と、ちょっとアブノーマルなプレイに走るようになった。

嫁の有美は今年34歳になる。

早くに子供を作ったので、子供はもう中学生だ。

息子が少し親離れしてきた今、二人で過ごす時間が増えた。

子供が生まれて以来、すっかりと少なくなっていたセックスも、最近は恋人同士だった頃のように増えていた。

 

有美は、夫の私が言うのもアレだけど、美人な方だと思う。

グラビアアイドルの杉本有美の8掛けくらいだと思う。

ただ、顔はそうだけど、スタイルはあそこまでは良くない

。胸も、貧乳とは言わないが、ちょっと寂しい感じだw

でも、そんな有美が、メチャメチャエッチが好きと言うのは、夫としては嬉しい。

ウチに関しては、セックスレスは無縁だと思える。

女盛りで、エッチが好き……浮気が心配になったりもするが、有美は一途で貞操観念の強い女だ……と、思っていた。

 

今日は土曜日ということもあり、朝から友人と遊びに出かけていった息子。

私と有美は、いつものように支度をして、家を出る。

有美は、ふわっと広がるタイプではなく、巻き付くような感じになるミニスカートをはき、胸元や肩があらわになったカットソーみたいな服を着ている。

夜の大久保とかに立っている外人さんみたいな格好だ。

こんな格好を近所の人に見られたくないので、その上にハーフコートみたいなモノを羽織り、車に乗り込む。

 

「どうする?映画館?ハプバー?」

私は、質問しながら、すでに軽く勃起している。

私と有美は、最近”寝取られプレイ”にハマっている。

最初は、有美を他の男に触れさせるなんて、あり得ないと思っていた。

 

でもある日、有美が読んでいた女性誌に、カップル喫茶のことが書いてあった。

その雑誌は、アラサーとか向けの、ごく普通のファッション誌だ。

そんな雑誌に、カップル喫茶のことが書いてあるのに驚いたが、エロビデオまがいの付録DVDがつく女性誌もあるので、今時は普通のことなのかもしれない。

そして、
『パパ、こういうのって、知ってる?』
と、有美が驚いたような顔でそのページを見せてきた。

私は、有美よりも多少長く生きているので、寝取られプレイというモノは知っていた。

でも、まったく興味がなかったし、変態がするものだと思っていた。

ないと即答すると、
『他の奥さんと、してみたいとか思わないの?』

好奇心で目をキラキラさせた有美が聞く。

「それは……多少は興味あるけど、浮気するつもりはないよ」

『でも、お互いに公認で、交換なら浮気じゃないでしょ?』
と、謎理論を言う有美。

ここで私は気がついた。

 

「もしかして、興味あるの?」

少しショックを受けながら質問すると、
『うん……だって、私パパしか知らないから……どんな風かなぁって……』

有美は、少し声が小さくなったものの、割とはっきりとそう言った。

「いや、ダメだって!そんなの浮気でしょ!?」

私は、少し声が大きくなってしまった。

滅多に怒らない私が、声を少し荒げたので、有美は驚いた顔になった。

 

『浮気じゃないよ。だって、私はパパの奥さんだよ?パパをずっと、死ぬまで愛してるよ~』

「だったら、どうして?」

『心と体は別だもん。パパだって、自分でするとき、私の事なんて想像しないでしょ?』

そんな事を言われて、言い返せない私。確かに、嫁を想像してオナニーはしない。

口ごもる私に、
『パパは、アナルセックスに興味あるんだもんねw』

イタズラっぽく言う有美。

「な、なんで?ど、どうして?」

私は、図星だったので死ぬほど焦りながら聞いた。

 

『だって、そんな動画ばっかり見てるもんねw知ってた?DMMのヤツって、購入履歴簡単に見られるんだよw』

有美が笑いながら、タブレット端末をヒラヒラさせた。

確かに私は、DMMでアダルト動画をしょっちゅう買っている。

DVDで買うより安いし、ダウンロードすらしなくても見られるから、秘守性が高いと思っていたからだ。

そして私の購入するジャンルは、アナルセックスものが多かった。

スカとかは苦手だが、生殖器じゃない場所を使って、浅ましくセックスをする女性の姿に、10代の頃から心引かれていた。

嫁には、タブレット端末で映画とかを見られるようにしてあげていた。

でも、アダルトと一般作品は、連動していないと思い込んでいた……。

 

嫁に秘めた性癖を知られて、恥ずかしくて顔が赤くなるのを感じた。

そんな私に、
『いいよ。パパがしたいなら、お尻でしても……』

有美が、恥ずかしそうに言う。私は、本当に驚いていた。

昔、有美に一度だけアナルセックスを持ちかけたことがある。

その時の有美は、かなり怒り、一週間も会ってくれなかった。

そんな変態な事を要求するのは、私のことを愛していない証拠だし、私を性欲処理の道具としか思っていないからだと、散々怒られた。

私は、確かに正論だなと思い、それ以降二度と言わなかった。

それが、許可してもらえる?私はテンションが急上昇した。

「いいの!?本当に!?」

浮かれて聞く私に、
『カップル喫茶に連れてってくれたらね~』
と、笑顔で言われた。

 

そしてそれから、まず見学。人が見ている前で二人でする。

そして、私と有美がしているときに、他人に有美の身体を触らせること等を経て、最終的に有美が他の男に抱かれた。

それは、言葉では上手く説明できないほどの、極度の興奮と官能の時間だった。

目の前で他の男に抱かれる有美。嫉妬、怒り……そして、吐きそうなほどの絶望と、それを上回るほどの興奮……。

有美も同じだったようで、それまで見たことがないくらいに、狂ったように感じていた。

 

他人に正常位で責められながら、
『パパぁっ!ダメぇっ!ゴメンなさいぃ……イッちゃうの……有美我慢できないのぉ!イ、イッてもいい?』
と、涙目で私を見ながら聞いてきたとき、私は扉が開いてしまったことを理解した。

そしてオルガズムの許可を与えると、
『キスしてぇっ!パパとキスしてイキたい!』
と、絶叫してきた。

すると、有美を正常位で貫いていたご主人が、有美にキスをした。

その瞬間、目を閉じて、身体をガクンガクンと激しく痙攣させた有美。

他の男とキスをしながらオルガズムに達した有美を見て、私は人知れず下着を汚していた……。

 

この日から、私たちは盛りのついたサルみたいに、カップル喫茶に通い続けた。

エスカレートして、成人映画館に行ったりもした。

大勢に取り囲まれて、デッドライジング状態の中、私以外の男のモノをフェラしながら、複数の手でイカされた有美。

もう、僕らの病気は進行する一方だった。

だけど、不思議なことに、夫婦仲はより良くなった。

もともと良い方だったのだけど、今はラブラブと言ってもいいくらいな状態だ。

他人とセックスをすることで、私への愛情が深まるのも不思議だが、他の男とセックスをする嫁に対して、より愛情が深くなる理由は、今でもイマイチよくわからない。

 

今日も、有美はすでに上気して頬を赤く染めている。

嫁が他の男に抱かれるのは、激しく興奮もするが、やはり心配になる。心まで寝取られないかと……

でも、考えてみれば、目の前でしている分には、安心なのかもしれない。

私の知らないところで浮気されるよりは、はるかにましなのかもしれない。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報