2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

エッチはヤル気あるのに勉強はヤル気のないJCに下半身で向き合った塾バイトのサービス残業

この記事の所要時間: 457

私の場合は、社会人になって学習塾でアルバイトしていた時です。

塾と言っても、そこは地方都市です。

某有名予備校系の塾とかではありません。私塾です。

 

JC2年生の数学を受け持っていました。

勉強する子としない子の差が大きく、勉強しない子の一人の父兄から「塾に行かせているのに数学の成績が下がった」とクレームが入ってしまいました。

塾長に申し出て、居残りで教える事にしました。

延長分のアルバイト代は出ません。サラリーマンで言うところの、サービス残業です。

 

嫌がる子をなだめすかし、通常の授業後に残らせました。

その子は理恵(仮名)と言ってまあまあカワイイのですが生意気っぽい子でした。

塾長は用事があり先に帰るから、鍵を閉めていって欲しいと言われました。

 

理恵は最初の10~20分はちゃんと勉強してくれましたが、一度休憩を取るともう言うことを聞いてくれません。

やむを得ず少し話をする事にし、それは塾の誰が誰を好きなのか?という噂話の類でした。

一通り話をした後、理恵が僕に話を振ってきました。

 

「前から聞きたかったんですけど、太郎先生って彼女いるんですか?」

「え?あぁ、今はいないよ。」

「いつごろから彼女いないんですか?」

「え?あ、ここ数年かな?」

「その前はいたんですか?」

「も、もちろんだよ。」

「じゃ、エッチとかしてました?」

「べ、別にいいじゃんか!さ、勉強に戻るよ?」

 

「もうちょっと!あと5分でいいから!ね、太郎先生!その彼女とはエッチした?」

「そ、そりゃ、少しはさ。」

「うそ!」

「え?」

「当りでしょ?だいたいわかるよ?」

「そ、そうなの?そんなもんなの?」

「ふふふ、やっぱりー!太郎先生、まだなんだー。」

 

理恵はいたずらっぽい視線を僕に向けましたが、それには小悪魔の魅力がありました。

私はドキっとしてしまいました。

 

「こ、こんなこと他の子に言わないでよ?」

「うん、言うこと聞いてくれたらね?」

「言うことって?」

「もう勉強やだ。」

 

「それは駄目だよ。こないだ理恵ちゃんのお母さんに、塾長が怒られたんだよ。
塾に行かせているのに成績が上がらないってさ。もしかしたら、塾変えられちゃうかもしれないよ?」

 

「え、それやだー。他の子と別れたくない!」

「だったら少しは勉強しなくちゃ!」

「それもいやだー。」

「わがまま言わないで!」

 

「一つ言うこときいてくれたら、次から勉強する!」

「何?」

「見せて!」

「え?何を?」

「太郎先生のア・レ・!」

理恵は傍らに立っている僕の股間に目を落としました。

 

「ね、太郎先生!見・せ・て?」

「だ、だめだよ!もしそんなところ誰かに見られたら・・・。」

「だれもいないよ?」

「そ、そうだけどさ。あ、理恵ちゃん!」

 

業を煮やした理恵は、私のベルトを外してチャックを下ろしていました。

私はいけないと思いながら、理恵のするがままにしていました。

理恵がトランクスを下ろし、半勃ちのチンポがあらわになりました。

 

「あ!太郎先生って仮性包茎なんだ?」

「え!そ、そんなこと知ってるの?」

「みんな知ってるよ?小さいときって皮がかぶってるんでしょ?でもカワイイ!」

 

絵里が指で私のチンコを軽くはじきました。

触ってもらったことで、私のチンコは完全に勃起しました。

 

「あ!おっきくなった!ね、太郎先生?触って欲しい?」

「え?あ!う、うん。」

 

理恵は躊躇なく私のチンコを握り、しごきはじめました。

「あ!ああ!」

「どうしたの、太郎先生?もうイキそうなの?」

「いや、その・・・。き、気持ちよくってさ。」

「ふふふ。そういえば『まだ』だからね?これで気持ちいいんじゃ、女の子の中に入れたら気持ちよすぎて死んじゃうんじゃん?」

理恵はなれた手つきで、しごいてくれます。気持ちいい・・・。

 

「仮性包茎だから、ちょっと匂うね。でも理恵、この匂い嫌いじゃないんだ。」

「そ、そうなの?」

「うん。理恵のはじめての時の人も仮性包茎だったの。こんな匂いさせてたなって。うふふふ。」

「・・・・・。」

 

「やだ、太郎先生、無言!感じすぎ!」

「だって、気持ちいいんだもん!」

「うふふ。じゃもっと気持ちよしてあげよっか?」

 

なんと理恵は舌を出して、カリの裏側を舐め始めたのです。

暖かい舌が僕のカリ裏を舐めて、臭くて汚い垢を舐め取ってくれています。

その舌技がハンパありません!童貞だった私のスイッチが入ってしまいました。

私は床(カーペット)に理恵を押し倒すと、上にのって理恵にキスしていました。

理恵はびっくりしたみたいでたが、そのうち理恵の方から舌を入れてきました。

僕は必死でその舌を貪りました。

唇を離すと、理恵が聞いてきました。

 

「太郎先生、理恵で初体験したいの?」

「う、うん!り、理恵ちゃんで体験したい!」

「どうしよっかな?」

「お、お願い、理恵ちゃん!」

「じゃ、先に理恵をきもちよくさせてよ?じゃないと、気持ちよくさせてあげなーい。」

「うん、わかったよ!わかんないから、リードして?」

「うふふ、いいよ。リードしたげる。」

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報