2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

昔は無数にあった売春の斡旋「援助交際組織」

この記事の所要時間: 146

売春の斡旋といえば、昔は専業が当たり前。

というのも、昔は素人が手掛けられるような仕事じゃ決してなかったから。

ところが近年のこの業界、素人がドッと押し寄せて席巻。

 

 テレクラ援助交際がはやり出し、出会い系で気軽に個人取引が出来るようになってからは、売春組織は解体の一途だ。

生き残りをかけた売春組織がたどる道は、サイドビジネスしか残されていない。

 

 まず最初は○R倒壊の職員のサイドビジネス。

横浜市在住のJ○職貞(46)は伝言ダイヤルを利用した援助交際組織を開設。

 

 過去の産物なんて思う人がいるかも知れないが、コレがちゃんとした売春組織だった。

当時、神奈川県警少年課と金沢署は売春防止法違反の疑いで、○R倒壊の職員と、共犯の喫茶店店員の女性(24)の2人を逮捕した。

2人は開設したばかりの組織を使って、川崎市内の主婦と客と売春させる契約を結び、会社員の男性を紹介してはみだらな行為をさせていた疑い。

 

 売春防止法は「防止」に法律の目的があるために、客は捕まらないのが基本。

逆に斡旋する側が管理売春のかどで検挙されてしまう。

まあ、組織売春の場合はこの法律が適用されるのが一般的。

 

 民営化いらいさまざまな事業を展開しているJ○倒壊だが、職員の個人的な事業については、

「事実関係を把握したうえで厳正に対処したい」とコメントしていた。

 

 さてお次は、今度は喫茶店主のサイドビジネス。

「お客さん、コレどうですか。ええ、ここだけの話ですけど、いい子いますよ」

Hの好きそうな客を見つけては声かけ、小指を立てて女を買わないかと誘うスタイル。

これもある意味では古典的な組織売春。

 

 客は自分の店によく出入りする気心の知れた男ばかり。

向こうからやって来るから集客の必要がない。

今時、そんな馬鹿なことをしている輩もいないだろうが。

 閲覧回数:2,519 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報