2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

JK1年生だった私に痴漢をしてきたイケメンメガネ君と付き合うまで

この記事の所要時間: 217

私は高校1年生の16歳です。

毎日、電車通学をしています。

これは、少ししか痴漢の内容は出てきません。

ここからが、お話です。

 

あの日、私はいつも通り電車に揺られていました。

しばらくして、お尻に違和感を感じて、後ろに目をやりました。

すると、20代ぐらいのメガネ男子の方が後ろにいました。

目があってしまい、そらそうにもそらせないんです。

とてもかっこよくて私のタイプだったからです。

私は気づいていないふりをしましたが、相手にはばれていたみたいで制服のスカートの中に手が入ってきました。

ビックリを通り越して、『この人なら…良いかな…。』なんて考えが頭をよぎりました。

そのまま私はずっと太股をさわられ続けました。

私の降りる駅につき、何食わぬ顔で降りました。

 

そして学校に着いてから、衝撃の事実を知りました。

教室に入ってすぐ、友達が私のところにやって来ました。

「今日ね、教育実習生が来るらしいよ!イケメンメガネ君らしいよ」
と、テンションをあげて言ってきました。

私は、『もしかして…朝の人…?』という気がしてきて、少し不安になりました。

私の予感は的中してしまいました。朝の彼だったのです。

彼は私を見つけるなり、笑顔になりました。

その笑顔があまりにもかっこよく、女子たちから黄色い声が上がりました。

その日の授業は全然頭に入ってこず、担任に注意を受けるほどでした。

 

帰りも電車なのですが、注意を受けていたせいでかなり遅くなり、次の電車まで時間がありました。

その時でした。彼が私のところへやって来て「電車、無いんでしょ?送ってあげる。」

私は早く帰りたかったので、コクンと頷きました。

彼も一応は先生として私に接してくれているらしく、車の中ではなにもされませんでした。

それがある意味寂しく感じた私は「先生…としての立場があるから…?」と聞いてしまったのです。

言った後、急に恥ずかしさに襲われました。

そんな私に彼は、顔を近付けキスをしてきました。しかも、Dキスです。

そのまま、独り暮らしの私の家で体を重ねました。

 

その後、彼は実習期間を終え、無事に教員免許を獲得しました。

今は、別々の高校にいますが、正式に付き合っています。

出会いが痴漢も意外といいかもしれないなぁ…といつも思います。

卒業したら結婚しよーねなんて会話、人前では出来ないし、痴漢が出会いもあまり語れないので、少し寂しい時もたまにあります。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報