2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

16歳の息子と禁断のセックスをしている背徳感を感じながら関係を続けている専業主婦の母親

この記事の所要時間: 214

郊外の1件屋で、平穏に暮らしている専業主婦の和子です。

家族は、役所に勤めている主人(45歳)と、一人息子の雄一(16歳)の3人家族です。

先月の始めの事です。

主人は、出張で札幌に出かけていて留守でした。

お風呂上りにくつろいでビールを飲んでいた時に、高校に上がったばかりの息子にレイプされてしまいました。

 

まだ子供だと思っていたのに、気がつけばすでに私よりも背も高く、力も遙かに強い息子に成長していました。

強く抱きすくめられ
「好きだよ母さん」
と囁かれると

「馬鹿なことはやめなさい」
と抵抗しながらも、力が弱くなってしまったのでした。

どんな形にせよ息子から「好き」と言われて悪い気がする母親などいないと思います。

 

結局、その日以来私はズルズルと息子と関係を続けているのです。

セックスのたびに、息子のほうから避妊してくれていたので、これも私に対する優しさなんだと、息子に身体を許すことを肯定的に考えようとしているのだと思います。

そして、今は私も息子との行為を楽しむようになりました。

主人の目を盗んで、息子との禁断のセックスをしているという背徳感が、私を燃え上がらせてしまっているのです。

それに併せて若い息子の激しいセックス・・・

結婚して17年、主人とのSEXはおざなりで只、排泄の道具にしかなっていません。

私のほうがむしろ積極的に息子を求めるようになってしまいました。

 

最近、息子に貫かれたまま囁かれました。

「和子はもう俺の女だ」

「だめ、そんな風に呼ばないで・・・」

叫びながら、激しく感じてしまったのです。

息子に呼び捨てにされた被虐的な喜びに襲われてしまったのです。

私は夢中で息子に強くしがみつき、激しいディープキスをしました。

これは、そのまま息子の女になると言う暗黙の了解でもありました。

 

避妊しているといいましたが、最近では安全日にはそのままするようになりました。

若い息子は、1回のセックスで何度も射精するので、そのつどコンドームをつけるのが煩わしいのです。

妊娠だけは絶対いけない。とわかっているのですが・・・何度も愛し合う喜びのほうが強いのです。

私は妊娠しにくい体質なんだと思います。

このサイトを見ていると、親子で近親相姦をしている人が沢山います。

私もその中の一人だと思うと、何だか心が安らいできます。

息子が大人になるまでは、私は息子の女でいようと決心しています。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報