2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

鼻つまみ者だった私は差別されると快感で濡れる淫乱女

この記事の所要時間: 19

私は、差別されると濡れる女です。

要するに、私はイジメが快感に変わってしまうドMなのです。

小学校の頃、クラスの嫌われもので、私が近づくとみんなが「臭い」と言って鼻をつまみ、手であおぎました。

 

フォークダンスのときには「汚い」と言われて、男子は誰も手をつないでくれませんでした。

そういう生活を送るうちに、防御反応からか、差別されることに快感をもつようになってしまったのです。

 

30歳に近づいて、不倫をしました。

定年間際の男でしたが、ひどい男尊女卑思想の持ち主でした。

私を抱いておきながら、「穢れる」だの「汚れる」だのと言って、私を毒づき、最後には勃起したおちんちんに対して、土下座までさせられました。

 

でも、由美子はけして嫌いではなく、こうした理不尽なイジメに対して、はげしくおまんこが濡れてしまうのでした。

正直なところ、女性は男性よりも劣った動物だと私自身は思っています。

女はただただ男が勃起し、愛してくれることのみを考えて卑猥なかっこうをしたり、奉仕している方が幸せではないのでしょうか。

 

今はまだ、この男性しか知りませんが、別の男性と知り合う機会ができても、由美子は勃起したものに対し、土下座するつもりでいます。

 閲覧回数:3,633 PV
 評価:12345 3.00 (1 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報