2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

露出に興味があるOLが混浴温泉へ露出を楽しむ目的で訪れた大胆な旅行計画

この記事の所要時間: 312

昨年の夏、一人で栃木県にある混浴露天風呂に行ってきました。

わたしは、某金融会社のOLやっています。

もともと露出に興味があってノーパンで出勤したりしていました。

でも、周りが知人ばかりでは大胆な露出はできないと思い、かねてから計画していた混浴露出を実行にうつしたのです。

 

お盆は連休返上だったので、九月の振り替え休日を利用しました。

車で移動し、着いたのは昼過ぎでした。

下調べを徹底していたのに、その温泉が近づくにしたがって、やはり胸が高鳴っていくのを抑え切れません。

若い女性が、一人で混浴なんてどう考えても変です。

でも、旅の恥が掻き捨て。

恥ずかしさとうらはらに、興奮で顔が熱くなりました。

 

旅館の方も、女性が一人で混浴風呂に入ることに、眉をひそめているような気がしました。

脱衣所に入ると、もう目の前に露天風呂。

脱衣所の腰掛に、一人初老の男性が股間にタオルをかけただけで涼んでいます。

脱衣所も男女共用。

下調べの時点でそのことをわかっていたけれど、実際にその場に行くのとでは全然印象が違います。

 

ああ、あの人に自分が着替えるところをすべて見られてしまうんだ、そう思うと膝ががくがくと震えてきました。

でもその反面、アソコのあたりがキューッと熱くなっていくのです。

わたしは、意を決して男性に背を向け、衣服を脱ぎ始めました。

男性は立ち上がることなく、わたしの後ろにいます。

その視線をわたしは敏感に感じていました。

 

わたしは、まず靴と靴下を脱いでかごに入れました。

それからワンピースを脱ぐと、あとは下着だけ。

男性は、まだ後ろに座っています。

 

ブラをはずすとき、乳首が立っているので見られたらどうしよう、いや、実際に見られてしまうのだ、と思いつつ、ゆっくりとはずしました。

それから、パンツをこれも時間をかけて脱ぎました。

脱ぐとき、少し腰をかがめて、後ろの男性にわたしのアソコが見えるようにしました。

濡れたアソコだけでなく、お尻の穴まで丸見えたはずです。

興奮で、息をするのが苦しいくらいでした。

 

パンツを上げた足からはずしたとき、湯船から上がってきたべつの男性が脱衣所に入ってきました。

「ちょっとごめんよ」と言って、そのおじさんはわたしの籠のすぐ下にある籠を引っ張り出しました。

そのとき、わたしのアソコとおじさんの顔は目と鼻の先です。

毛の薄いアソコをじろじろと見られました。

恥ずかしくて、顔から火が出そうでした。

 

ちょうどそのときです。

セットしていた携帯のアラームが鳴りました。

それを呼び出し音のふりをして、わたしは携帯に出るふりをしました。

そして、脱衣所の角っこで二人の男性に背中を向けるようにして、素っ裸で携帯でおしゃべりに夢中になっているように装ったのです。

「今旅行中でね、、、うん、、うん、、、」なんて誰かと話しているようなふりをして、、。

 

その間、おしりや背中にふたりの視線を痛いほど感じました。

わたしは前かがみになり、膝を曲げ、アソコが後ろから丸見えになる姿勢をとり続けました。

アソコが、愛液で濡れ濡れなのもきっとすべて見えてしまっているのです。

恥ずかしさと興奮で、どうにかなってしまいそうです。

でも、表情だけは平静を装って、それを十五分以上続けました。

 

その間、何人もの人が脱衣所を出たり入ったりしました。

ちらちら見ると、すべて男性でした。

最高の思い出です。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報