2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

西武新宿線の座席でソフトタッチな痴漢を受け入れて狸寝入りした淫乱銀行レディ

この記事の所要時間: 214

某銀行の西武新宿線沿線の支店に勤めています。

この前、お昼から西新宿の支店までお使いを頼まれました。

平日のお昼に、電車に乗るのも歌舞伎町を歩くのも久しぶり、学生の時以来です。

何かまぶしい感じでした。

 

帰りは午後2時すぎくらいかな。

車両の端にすわって発車を待っていると、若いサラリーマンが私の隣に座りました。

その人、電車が動き始めるとすぐに私の膝に触ってきたんです。

 

最初は驚いて、大袈裟じゃない程度に膝を離して避けたんですけど、スカート越しに腿からお尻ぎわまで撫でられてると何だかいい感じにくすぐったくって。

ハイヒールなので膝がシートから若干浮いてるので、そこからスカートの中の、腿の裏側も撫でられたりするんです。

結局、すぐに寝たふりしました。

 

そしたら、膝頭の方から内側に手が差し込まれました。

お使いの荷物が入ってる紙袋の下です。

目をつぶってジッとしてると、差し込んできた手が腿の内側を撫でつつスカートをめくりあげるんです。

 

一旦はキュッと膝を閉じたんですけど、パンストの滑りに乗じて男の手は平気で撫でつづけてるし、私も寝たふりしてるわけだしということで、膝の力を緩めてしまいました。

手はスカートの中の一番奥にまで到達しました。

はじめパンスト越しにそーっとくすぐるようにしていた指が、次第に力を込めて押してくるようになり、私のそこをえぐるような指使いで揉んでくるようにもなりました。

 

私は膝の上の紙袋をギュッと押さえます。

そして壁の方に体を寄せかけつつ、両膝は男の手の動くままに開いていきました。

顔も伏せて髪で隠れるようにしました。

 

正直なところ、とても恥ずかしいものの

「ああ、いい」

と思ってしまいました。

そこで、すっかり眠り込んでしまっている風を装うしか他に何もできませんでした。

 

新宿から15分ほどの駅はあっという間でした。

お使いの途中でさえなければ、もっとされていたかったかもなのですが・・・。

残念でした。

名残惜しく思いながらも降りるしかありませんでした。

 

ギリギリで気づいたようなふりして、さっと立ち上がりました。

脚と、スカートに男の手が多少引っかかりましたが、まるで何事もなかったように降りました。

自宅は埼玉と千葉の中間方面なんですけど、これまでこーいった感じの痴漢はなかったです。

とっても興奮してました。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報