2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

女性専用車両の隣の車両にノーブラで乗ったら男性痴漢客たちの餌食になりました

この記事の所要時間: 222

私は水曜日が休みなので、いつもの時間にノーブラで満員電車に乗りました。

女性専用車両の隣の車両は男ばかり、ホームでも並んでいるのも男ばかり。

グレーのスーツを着て、ベージュのパンスト、膝上丈のタイトスカートの私を横に並んだサラリーマンがちら見してきます。

『この人。痴漢する気だわ。ピンとくるのよね。』

入ってきた電車は満員。

押されるように乗り込むと、なんとか窓に向かってつり革に掴まることができました。

スーツのボタンを外して右手でつり革に掴まると、胸を張るポーズになって、白いブラウスにノーブラの乳首がこすれてしまいます。

『ああ。感じちゃう。』

座ってる客を見回すと、予想通り男性客ばかり、私の胸や脚をちら見してる。

 

電車の揺れに合わせるように、お尻の右側に男性の手を感じました。

さも偶然そうに、軽く触れてきます。

私は避けるように少しだけ前進して、目の前の男性客(膝を広げて座ってる)の膝をはさむようになってしまいました。

タイトスカートが限界。座ってる男性客は電車の揺れに合わせながら、膝を揺らしてくるの。

脚の内側を愛撫されてるみたいで、ぞくぞくと快感が背筋を駆け抜けます。

すると、太腿の左側から手が伸びてきました。

パンストの太腿を指先で撫でられ、タイトスカートのお尻を揉まれ、あそこが、ジュン!と、溢れそう。

『アア・・・。』

熱い溜息が漏れちゃう。もう逃げ場がない。

 

明確に拒否の声を上げない私に気づいた手が、もう一本。段々、手の動きが大胆になってきます。

私は真っ赤になって、俯き、身を捩らせることしかできません。

痴漢されてるのはバレバレ、座ってる男性客はじろじろガン見。

下半身を何本もの手で触られまくってると、右後ろからブラウスの胸に手が回ってきたの。

『ア!だめ。』と思ったんだけど、ノーブラのオッパイをわし掴みにされました。

下半身の方の指が、タイトスカートのすそをつまんで、捲り上げ始めたの。

「いやいや!ゆるして!やめてください。」

小声で言ったのに。誰も彼もが無言で、指の動きは止まらないの。

 

白いブラウスの左のオッパイにも手が伸びてきました。

ノーブラのオッパイを左右から別の男に揉まれて・・・。

電車がホームに入ると、全ての手がさっと引かれて、一瞬だけほっとするんだけど。

電車が動き出すと、また手が伸びてきて、痴漢は繰り返される。

終点のターミナル駅に到着するまでの数十分間。私は痴漢されまくったのです。

吐き出されるようにホームに出ると、立っているのもやっとの状態で、トイレに駆け込んでオナニーしました。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報