2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

女友達のお兄ちゃんにファーストキスとお股スリスリをされた小学校低学年の時の黒歴史

この記事の所要時間: 36

自分は小学校低学年、相手は高校生のときのエッチ体験談。

二つ年上の友達のK子の家で遊んでいた。

詳しい内容は忘れたが、完成するまでお互いの作品を見せないというルールのもとでお絵描きをすることになった。

K子は自室で、私はK子の兄Yの部屋を借りてそれぞれ絵を描きあげることになった。その間、K子の兄Yは自室にはいなかった。

自分の絵を描き上げた後、K子の部屋を訪ねたら、K子はYと居た。

K子は私に、「お兄ちゃんが話があるって。」と。

そうして、私はYに連れられて再びYの部屋に向かった。

 

K子は自室に残って絵を描き続けていたが、私達が部屋を出る際、意味ありげにこちらを見ていたような気がする。

Yは部屋に入るなり扉を閉め、「俺の部屋使ったから俺の“お願い”聞いてくれるよね?」と言った。

Yとは顔見知りではあったが、会話をするのはこれが初めてである。

Yはその時、既に息が上がったような様子でハァハァなっていていた。

私は呑気に「なんでこの人こんなにあせっているんだろう」なんてことを考えていたと思う。

ここで断っておくが、当時の私は子供ができる仕組みどころか、この世に「性」という概念があることを知らなかった。

この日、Yの妙な“お願い”のほとんどに何の疑問も持たずに従った。

 

Yは最初、「このベッドに寝て」と言ったのでその通りにした。

すると、Yもおもむろに私の隣に横になった。

そして、私の体を撫ぜまわしながら「キスしてもいい?」「大事なところと大事なところくっつけてもいい?」と上気した様子で聞いてきた。

確か、前者にはチュッチュする家庭に育ったので「いいよ」と答えた気がする。後者にはなんだか汚い気がして「やだ」と答えた気がする。

しかし、Yは私の答えも頭に入ってない様子で、依然ハァハァ言いながら私の唇をベロベロ舐め回していた。

そして、スカートをはいていた私の下着をおろし、自分のジーンズを脱ぎ始めた。

やたらカチャカチャいわせながら、なんて必死にベルトをに外しているんだろうと思ったような。

 

私はYの勃起したペニスを見たのをよく覚えている。

肌色でぬらっとぬれていて、ぴんと上に向かっていて、「お父さんのとは違うな、やっぱり若いとこんな感じでぴんぴんなのかな。」と子供心に考えた(おいおい)。

挿入はしなかった。しかし、Yは私のあそこにまで先端を押しつけてきた。

手は私の腰のあたりをギューッと抱きしめながら。

10分位そうして、最後にブチューっと唇を吸い上げて、Yは無言で離れて起き上がりトイレに行った模様。

なんか、自分のアソコがやたらとぬるぬるしていたのを覚えてる。

それが自分の愛液なのか、Yの我慢汁なのかはわからないが、その時はトイレに行ったYを見て、『あの人、わたしの大事なところにおしっこもらしたのかな、やだな』と思っていた。

私もYの部屋を出て、K子の元へ行った。

 

K子は私の姿を確認すると、「…終わった?」と聞いてきた。

何故かこの言葉で、私は「K子はよくYとさっきみたいなことしてるんだろうな。」と思った。

このことは当時、誰にも言わなかった。

なんか言ってはいけないことの様な気がしたから。

そして、思春期の頃はこの記憶を消したくて消したくてたまらなかった。

現在は立派な変態に育ったので、こんなエロサイト覗いて書き込んじゃったりしてるが。

考えてみれば、ファーストキス小学校低学年じゃん、処女喪失も危なかったな。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報