2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

大黒柱の女になる風習がある主人の田舎に嫁いだ私が無理やり抱かれてセックスしたのは義父でした

この記事の所要時間: 114

私が主人の田舎に嫁ぎ、初めての冬に主人以外の男性に抱かれたのは主人の父でした。

田舎の冬は仕事も無く、若い者はすべて出稼ぎに行くのです。

主人も出稼ぎに行く前の夜まで私を凄く愛してくれました。

「いいか、俺が帰ってくるまで親父の言うことをちゃんと聞くんだぞ。」
と言って出て行ったのですが、何のことか分かりませんでした。

 

そして1週間くらい経ったころ、主人の父が私の寝ている部屋にやってきて無理やり裸にされ、犯されてしまったのです。

私が必死に抵抗する姿を見て、
「なんだ、隆弘の奴は何も言ってなかったのか。」
と言われ、私は悟りました。

主人が出稼ぎに行っている冬、嫁は義母公認でその家の大黒柱である主人の父の女になる風習があるのです。

もし、その家に義父の父が(義祖父)いたらその義祖父の女に。

私は事情が分かると抵抗をやめ、義父のなすがまま義父のペニスを受け入れていました。

そして、最初の夜から義父の精液を子宮で受け止めてしまったのです。

 

村の嫁の中には、避妊をせずに義父や義祖父の子供を宿してしまった嫁もいますが、それはそれで大切に育てられるのです。

そして、2回目からは義父の寝室で抱かれ、当然義母が私が義父の抱かれている様を見ているんです。

しかし、それが慣れてくると刺激になって、より一層義父とのセックスが興奮するんです。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報