2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

夜のアルバイトで変態紳士の相手をした主婦のお小遣い稼ぎ

この記事の所要時間: 436

私の母の一番下の妹である叔母に頼まれて、新しい女の子決まるまでの間、アルバイトをすることにしました。

小さなクラブ。週に3回。時間は7時~0時まで。ドレスもお店にあるのを使える。

近くに住む母からも、主人が夜勤の時は子供たちの面倒を見てくれるので手伝ってあげてと頼まれました。

主人に相談すると
「アルバイト代は自分の小遣いにしていいぞ!」

《自分の小遣い》というのに惹かれました。1ヶ月アルバイトすると、結構な金額になるのです。

でも、結婚してからは外でお仕事をしたことがないし、まして夜のお仕事はしたことがなくて、お酒も弱いし不安。

そう言うと「笑って男性のお話を聞いてあげて、お酒を注いであげればいいのよ」叔母から言われて決めました。

 

2週間が経ってだいぶ慣れてきた時のこと。

叔母=ママの誕生日で、常連の50歳の部長さんと呼ばれているお客さんのオゴリでシャンパンをご馳走になりました。

口あたりが良くて少し飲み過ぎ。

そして、アフターで部長さんがママと私にお寿司をご馳走してくれることになって、主人は夜勤でいないこともあって行くことにしました。

そこで調子に乗って日本酒を飲み、意識が飛んでしまいました。

胸が苦しくて目が覚めビックリ。部長さんが私の上にいました。

そして、私の中にはオチンチンが入れられていて、汗を流しながら腰を動かしていました。

「何しているんですか!ヤメテください!」

身体をひねって離れようとしました。

「もう少しだから!」

私の腰を押さえて、そのまま私の中に出したのです。

押しのけて、お風呂ですぐにシャワーで流しました。

「ヒドイことをするのですね!」

そう言ってお部屋を出て家に帰りました。

午前5時。子供たちは寝ていていました。私はベッドで泣きました。

 

その日は日曜日で、10時ころに主人が家に帰ってきました。

昨夜のことを知られないように、いつもと同じ振る舞いをしました。子供たちにもです。

主人が仮眠し、子供たちが遊びに出掛けたので、お店を辞めることにして叔母に電話をしました。

でも、もう少しだけ働いてと何度も頼まれて、アルバイト代も上げてくれると言うのです。

それでも断っていると
「あれから部長さんと何かあったの?」

返事ができないでいると、叔母に部長さんと関係したことを見抜かれました。

お寿司屋さんを出た後、部長さんがもう一軒行こうと言いだし、叔母は朝早くから用事があるので帰ったそうです。

酔った私は、大丈夫と答えて付いて行ったそうです。

このことは主人、母には内緒にしておくから、部長さんには私がお店に出ている日は出入り禁止にするから、そして、お酒は気をつけようねと説得されて続けることにしました。

 

1ヶ月経った土曜日、40代半ばの素敵な紳士二人がお店に来ました。

同じ会社の社長さんと常務さんで大学からの友人。

話題も豊富、ジョークを入れたお話で私の方が楽しんでしまいました。

 

翌週の土曜日。

新しい女の子が決まり、この日でお店を辞める日でした。

11時過ぎに社長さんが、会合があって2次会まで付き合わされたと一人でお店に来ました。

お店を辞めることをお話すると残念だ、せっかく良い女の子と会えたのにと言ってくれて、それが何かすごく嬉しくて。

「この後、1時間ぐらいワインバーでもう少し飲まない?」

そう誘われて行くと、オシャレなお店でした。

高級ワインを頂き、チョットだけ笑わせてくれるジョーク、そのうえ素敵な女性などと褒めてくれてすっかり有頂天に。2時半にお店を出ました。

「酔ったね。少し休もうか」

何を意味しているか分かって、頷いてから社長さんの腕をギュッと握って付いて行きました。

ホテルに入ると広く落ち着いた感じのお部屋。

二人でお風呂に入り、社長さんの背中を流し終わると私の身体を洗ってくれました。

ベッドに入ってから社長さんはとても優しくて、感じてしまった私。

恥ずかしいのですが、私の方から『入れて』とお願いをしてしまいました。避妊もしてくれて、素晴らしい夜になりました。

家に帰るともう6時近くなっていていました。

 

9時に、帰ってきた主人と子供たちと一緒に朝食。

すると、主人が
「ママ。何か良いことがあったの?ホッペタが緩みっぱなしだよ!」

言われてビックリ。

慌てて
「昨日でお店辞めたの。アルバイト代結構入るので!ニヤニヤしてたのかな~?!」

言い訳をするのに必死でした。

 

それから10日後。

社長さんからのメール。

《週末、友人たちとパーティーがあるけどご一緒してくれませんか?》

《私でイイのですか?ドレス持っていないし何か恥ずかしいナ!》

返信すると。

《勿論です!言い忘れましたが、カジュアルでOK!気軽なパーティーです》

時間は午後3時から4時間ぐらい、子供たちは夕食の準備をしていけば大丈夫。

その日は主人も夜勤の日(病院勤務)なので、お誘いを受けることにしました。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報