2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

主人以外の男性と性交渉の経験が無かった私に齎されたイケナイ遊び

この記事の所要時間: 254

私(瑠美)は40歳の主婦です。

主人は45歳で、小さな会社を経営しています。

私は、1年前まで主人以外の男性を知りませんでした。

主人以外の男性を知るきっかけは、娘が全寮制の高校に進学し、主人と二人だけの生活になった頃から始まったのです。

主人は優しくて、私を愛してくれますが世間のご夫婦同様、夜の営みはマンネリ化していました。

娘を気にしなくてもよくなったので、主人が以前から求めていた『遊び』を試してみたのです。

 

最初は、全裸になった私を撮影するだけでしたが、それでも二人とも興奮しました。

やがて、縄で縛った私を撮影するようになってきたのです。

普段は仲のいい夫婦ですが、セックスの時はSM的な主従関係ができていました。

ベッドの上で縛られ、身動きできない私をバイブで責めるのです。

快感が全身を駆け巡り、何度も何度もイク私に主人の言葉責め。

 

「バイブだけでこれだけイク、淫乱女」

「ごめんなさい・・・もう、許して・・・あああああっっ・・・こわれちゃうぅぅぅぅぅぅ・・・」

「まだだ・・・許して欲しかったら今度、武史(夫の友人)が飲みに来た時にセックスしろ」

「それだけは・・・許して・・・ああっ・・・いつも、あなたの言う格好でお迎えしてるでしょ・・・ううぅ・・・また、逝きそう・・・」

そうなんです、武史さんが飲みにくる夜は主人が選んだHな下着を着け、その下着が透けてみえるブラウスと膝上20センチのミニスカートだけで接待するのです。

武史さんの厭らしい視線に、私の淫穴は愛液で濡れるでした。

 

「いつも濡らして喜んでいるくせに・・・そうだ、今から5分間逝くのを我慢できたら許してやる。我慢できなかったら武史に電話して瑠美のHな声を聞かせる・・・もう、瑠美のH写真は今日見せた・・・」

「なぜ・・・本当に見せたの?・・・」

「武史に瑠美を抱かせようと前から思っていたから・・・とにかく、5分間頑張れ・・・」

「・・・ああんっ・・・無理よ・・・ダメッ・・・逝っちゃうぅぅぅぅ・・・イクッ・・・イクッ・・・逝くっぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・」

絶頂を迎え痙攣している私に、バイブを入れたまま主人は携帯電話で武史さんに電話しました。

 

「おお・・・武史・・・そうだ・・・瑠美がOKした・・・そうだ・・・うん・・・代わるから・・・」

縛られ身動きできずにバイブで責められ、声を噛み締めている私の耳と口に携帯が当てられ、武史さんの声が聞こえてきます。

 

「こんばんは・・・瑠美ちゃん・・・今日、瑠美ちゃんの写真を見たよ。瑠美ちゃんって淫乱みたいだね。」

「・・・あああああああっ・・・ダメっ・・・また、逝っちゃううううううううう・・・」

私に当てていた携帯にむかって主人が・・・

「武史・・・そういう事だ・・・今から来ていいぞ・・・うん・・・瑠美を抱いても・・・待ってる・・・」

 

その夜、私は2人目の男を知ったのでした。

私達夫婦は、私が他の男とセックスする快感と興奮を知りました。

私は主人が連れてくる男達とセックスし、1年間で30人以上の男を知ったのです。

最近では複数の男達とセックスしたり貸し出されたり・・・主人に逆らえない私はどこまで堕ちるのでしょうか?

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 明美
    • 投稿日:2015/12/06(日) 19:04:11 ID:gyMTAxNTY

    ぼくのち○こでレイプしたるよ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報