2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

主人と喧嘩して家出した事で実父67歳とセックスする流れになった37歳主婦の身の上話

この記事の所要時間: 349

初めまして。

私は37歳主婦で、相手は実父67歳です。

きっかけは些細な事ですが、主人と喧嘩して車で30分位のとこにある実家に3日間世話になりました。

母は、2年前に他界してるので、一人暮らしです。

 

その夜は、愚痴を聞いて貰っただけで、寝ました。

翌日
「今日は、帰るんだろ、早く帰って謝りなさい」

「嫌よ・・今日も泊まるから、いいでしょ」

「ふ~!仕方ないけど、早く仲直りして、孫の顔見せてくれよ」

「は~い、じゃ、行ってきます」

 

その日は、残業も断り早めに帰宅しました。

「父さん、今日は飲もうね明日休みだから」

取り留めのない話しながら、お酒が進んで、気持ち良くなった頃。

「ネエ・・聞いていい?」

「ん?あ。。あ~いいよ」

「実家で、母さんと二人になったでしょ」

「うん、それが?」

「やはり、してた?H」

「ば。。馬鹿な事聞くな」むせながら・・赤くなって

「良いじゃん、聞きたい^^」

「なんだ?○○君とは、無いのか?」

「そうじゃ、ないけど、父さんくらいの人もするのかなって、私達が、家出たときってまだ50代でしょ」

「そりゃ、お前・・うんしてた」

「ふ~ん、そうなんだ。いくつまで?」

「そこまで言うのか?」

「教えてよ」

「う。。うん。母さんが亡くなる、1年くらいまでかな」

「へ~そうなんだ。じゃ、今は?」

「馬鹿、する訳ないだろ。大体相手もあるわけじゃないし」

「居たらするの?まだ、出来るの?」

「それは、、、まだ元気だし、居ればな」

「ふ~ん。まだしたいんだ~」

「もう、いいだろ、この話は」

 

その時点で、かなりお酒入ってたので
「じゃあさあ~、私が、相手してあげようか?父さんの事、嫌いじゃないし。どう?」

顔を横に向けて「酔ってるんだから、早く寝なさい」

顔を覗きこんで、ほれって、セーターを捲くり、ブラを見せました。

チラッと見て
「ほんとにいいのか?」

「うん、父さん一人でさびしいでしょ?」

「ほれほれ、娘の胸だよ~」

おそるおそる、ブラに手を・・

間単に、ブラをはずされて、吸い付いてきました。

頭を抱えて、押し付けちゃいました。

さすがに、なれてると言うか、段々と感じてきて・・

 

「父さん、いいぃ~」

もうお互いに我を忘れて、酔いのせいもあって

あっというまに、脱がされてしまいました。

父が、トランクスを脱いだとき、既に勃起してて、握ってしまいました。

主人ほどの固さは有りませんが、充分に使えます。

私も、興奮してたので、言われる事もなく、自然に口に含みました。舌で丁寧に、雁~棒、お玉まで。

 

「んん。。香奈子・・」

「父さんどう?娘のフェラ」

「あ~いいよ・・お前上手だな」

「母さんとどっちがいい?」

「あ~母さんは、あまりしてくれなかったからな」

それを聞いた私は
「沢山気持ち良くしてあげる。口で逝っていいよ」

「ほ、、ほんとか?」

「うん、いいよ」

父の腰が急に早くなりました。最初よりも、少し硬くなったみたいだし。

「ウッッ・・香奈子・・逝くぞ」

「うん・・いいよ、きて」

声出しながら、口に射精し、全て飲みほしてあげました。

 

「父さん、初めてなんだ、口に出したの」

「ほんと?何だか嬉しい」

射精した後の、棒を綺麗に舐めてると
「あらら・・また大きくなってきた」

「あ~こんなことは、何十年降りかな」

「ねえ、、次は私を気持ち良くして」

父は、マンコに吸い付いてきて、舌で優しく、丹念に。

これが、熟年の舌の使い方・・・頭が真っ白に。

父が、入ってきました。まるで、夢の中にいるみたいで、優しい父に包まれてるみたいです。

その日は、バックも、騎上位、正上位と。

私は、子供でき難いので、心配は有りましたが、そのまま中だしです。

終わってから優しく抱かれて、そのまま眠りました。

 

それからは、時間作っては父の所に行って、抱いてもらってます。

お泊りは、なかなか出来ません。主人に申し訳ない気持ちも有りますが、今は幸せです。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報