2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

マセた従妹のまんこを見ちゃったお風呂のHなハプニング

この記事の所要時間: 349

俺が中2の時、5歳下の従妹とお風呂に入ったのがきっかけで、従妹とHな仲になってしまいました。

小3でもマセた従妹は、結構いろんな知識を持っていて、中2の俺も知らない事をよく口にしていた。

そして、ある法事の有った夜。

ひょんな事から、従妹とお風呂に入る事になった。

 

俺はそんなつもりは全く無かったのだが、突然

「おにいちゃん、一緒には入っていいよね~」

と、従妹が全裸で入って来てしまった。

 

こっちがあせっている内に、従妹はザブ~~~ンと湯船に飛び込んできた。

結構熱かったのか、従妹は即座に湯船から飛び出し、両手両足で風呂の縁に飛び乗った。

目の前に、大股開きで中身が飛び出した従妹のまんこが突然露わになった。

「キャッ、おにいちゃん私のおまんこ見たでしょ!おにいちゃんHだあ~、もしかして、興奮しちゃったりして。」

 

その言葉は図星だった。

ムクムク俺のチンポは勃起して、身動きが取れなくなっていた。

それを、知ってか知らずか、大股開きのまま身体をくねらせ、

まるでまんこを見せびらかすかの様に、身体をのけ反らす従妹。

 

そんな時、俺に心に悪戯心が芽生え、大股開きで無防備な従妹のまんこを、ペロッと舐めてしまった。

「あ~~~っ!おにいちゃん今おまんこ舐めたでしょ!Hだ~~。エロ~~~~い。・・・・・・ね、もう1回舐めてみて、今の内緒にするからさ~ねえってばあ」

仕方なく、いや、喜んで舐めた。従妹の言う所を念入りに。

 

「ねえ、おにいちゃんてさ~彼女いるの~、SEXとか、した事あんの~?童貞?・・・・」

知っている事を次々と質問する従妹は、徐々に言葉がとぎれとぎれに。

 

「そんな事さ~、どこで聞いたんだよ~って言うか、なんで知ってるんだよ」

「同級生の真知子がさ~、高1の先輩とやっちゃったって言うから~。私も負けられないでしょ。」

「やっちゃったって、何をだよ」

「おにいちゃん決まってるでしょ、S E X!」

「セ、セッツ ク ス!」

 

それを聞いた途端、俺は興奮が最高潮に達した。

雑誌で会得した情報を元に、従妹のまんこにチンポをお押し付けた。

チンポを上下にスリットの中を往復させると、堪らず射精!

従妹の腹部に精液が飛び散った。

従妹も始めて見る射精に少しビックリした様だが、好奇心の方がはるかに強かったようだ。

 

夜、人の気配を感じ起き上がると、従妹が俺の部屋に忍び込んでいた。

「おにいちゃん。さっきのもう1回やろっ。せっくす」

もう、俺は我慢できなかった。

従妹はもう、すべて脱ぎ捨て布団に潜り込んで来た。

 

かすかに湿った股間に俺の手を導き、

「おまんこいじってえ~おにいちゃん」

即座に俺の指は、おまんこに滑り込んだ。

だいぶヌルヌルしていたまんこは、容易に俺の中指を迎え入れ、激しく締め付けた。

 

「ちょっと痛いかも~、じゃあ~私も~」

ごそごそと布団の中で動いたかと思うと、目の前にまんこが突き出され、俺の下腹部では必死にパンツを脱がそうと試みる従妹。

俺はまんこにしゃぶり付きながら、腰を浮かしパンツを脱がす協力をする。

 

ウウッ、いきなり強い刺激が俺を襲った。

見よう見まねのフェラは、歯が当たり時々痛みを伴った。

しかし、それがまた俺の射精を速める要因の一つに違いなかったが、ここはガマンだ。

 

従妹のマンコをベチョベチョになるまで舐めまわし、いよいよこれからが本番だ。

スリットの中をグニュグニュチンポで擦りつけながら、有る一点に力を込めた。

グニュ~~~~。

少しづつ入って行くチンポが半分位んなった時、

「イタ、イタ~~~~~~~~イ、もう無理~~」

 

でも、俺は止まれなかった。

徐々に激しさを増す俺の腰の動きに、従妹は半べそ。

完全に侵入しないまでも、確かに従妹の中に入る事が出来た、思わず中に発射!

「やったね・・S E X・・」

かすかに満足げな従妹は、俺と繋がったままの状態でほほ笑んだ。

 

その後、従妹とは3年で14回ほどセックスしたが、彼氏が出来て自然消滅した。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報