2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

ボクっ娘だった私が好きな人にあげられなかった処女

この記事の所要時間: 153

私はこの前まで、自分の事をボクと呼んでいました(兄がいるから)。

しかし、もう高校を卒業するとなって、私と呼ぶようになりました。

私はこの前、高校卒業を祝ってクラスの皆でカラオケに行くことになりました。

私はその時、好きな人がいました。(その人は×君とします)

 

この日に、私は×君に告白するつもりでした。

カラオケに来たのは、クラスの3分の1くらいで、あまりいませんでした。

でも、×君がいたのでよかったと思いました。

カラオケが終わって×君と二人きりになれるところに行きたいと思い、×君に聞きました。

 

「×君、これから話があるんだけど…」

「なに?」

 

「ここじゃなくて二人きりになれるところに行きたいな~なんて…」

「二人きり…?」

 

そう言うと、×君はいきなり私の手を掴み、皆に別れを言って私と一緒に違うカラオケに行くことになりました。

「ここなら二人きりになれるでしょ?」

「あ、ありがとう…」

 

そのあと、私と二人きりになった×君が話しました。

「で、話ってなに?」

「も、もうわかってるでしょ…?」

 

「フフああ分かってる」

そう言って、×君は私にディープキスをしてくれました。

クチャクチャなって恥ずかしかったです。

 

「じゃあ…ヤろっか」

×君がいきなり私のスカートを脱がして、パンツも脱がしてしまいました。

「×君!」

びっくりして×君のことを突き飛ばしそうになったとき、もう×君は用意できていました。

ズチュ キスでもうベチョベチョだったので痛くなかったです。

 

「処女じゃないんだ…」

私は中学校の時、同級生の不良に犯されていたので処女じゃなかったんで、あまり嬉しくなさそうでした。

「ボク…中学校の時、同級生のやつらに犯されたことがあるんだ…ボクって自分のこと呼んでケンカ強かったから」

「そうなんだ…」

 

彼氏に処女をあげられなかったのですが、どうしたら処女の代わりに喜んでくれますかね。。

 閲覧回数:1,187 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報