2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

バスト90ウエスト60ヒップ74の肉袋おっぱい以外存在価値のないドMな私を飼ってくれる御主人様

この記事の所要時間: 140

私はドMです。

そして、大学で知り合った彼氏のS様はSでした。

自分のステータスはB90・W60。H74で、おっぱい以外存在価値のない私をS様は拾ってくれました。

だから、S様の命令は絶対です。

 

その日、私はS様の前で裸でM字開脚していました。

これは、毎日の日課なんです。

でも、私のおまんこをいじってくれるのはごくまれで、オナニーも禁止されてるので、私のおまんこはずっと寂しいままでした。

でも、この日は違いました。

「これ」と言って、輪ゴムを5個私のお腹に投げていただきました。

「それお前の肉袋につけてみ」

 

(肉袋=おっぱい)

 

「は、はい」

私はうなづき、早々と取り付けました。

無駄に大きいおっぱいは、ちょっとへこみました。

「うん、それねじってまたかけて」

「はい」

私は、すぐにとりかかりました。

おっぱいは、ひょうたんみたいな形になりました。

 

「もっかい」

「は、はい」

私は二重の輪ゴムを引っ張り、ねじっておっぱいにかけました。

同じところではなく、少しずらしてとりつけました。

おっぱいが、ボンレスハムみたいになってます。

 

「もっかい」

「えっ・・・はい・・・」

四重の輪ゴムを無理矢理ねじってつけました。

もう、おっぱいの形じゃありません。

 

「それあと二回やって」

「え、えっと・・・わたくしの手の力では、もうご命令を実行出来ません」

「チッ・・・しゃあねえなぁ・・・」

そういって、S様は輪ゴムを思いっきり引っ張って、おっぱいを締め付けました。

「あうっ・・・ん!んんんぁうぃぃ!」

変な喘ぎ声をあげてしまいました。

その時、私は笑っていました。

至福の時間だったのです。

 閲覧回数:3,232 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: ヒロ
    • 投稿日:2015/09/09(水) 23:03:54 ID:g5NDgxOTg

    初めまして、飼いますよ!
    連絡下さい。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報