2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

お賽銭箱へのイタズラがバレて私たちが住職さんにお尻叩きのお仕置きをされた中学入学前の春休み

この記事の所要時間: 613

私立の中学に通うことが決まっていた私は、小学校を卒業してから中学校に入るまでの春休み、地元のお友達とたくさん遊びました。

中学に入学したら、もう今までのように、近所で遊ぶことも少なくなります。最後の思い出にと、いっぱい遊びました。

メンバーはいつもの3人。拓海と隆次と私です。

 

拓海と隆次と私は、家が近所で、同じ幼稚園、同じ小学校に通っていて、毎日のように遊んでいました。

女子のお友だちの中には、私が男子2人といつも遊んでいるのを不思議がる人もいましたが、私は別に何とも思っていませんでした。

 

この日、私たち3人は、家から少し離れたお寺まで自転車で行き、奥の森で秘密基地ごっこをしていました。

そこで、誰が言い出したのか、お賽銭箱を開けてみよう、という話しになりました。

別に、お金が欲しかったわけではありませんでした。

お賽銭箱を開けること自体が目的だったような気がします。

とにかく、そこまで深く考えていたわけではありませんでした。

 

一応、辺りを見渡して、二人が見張り役で、一人が箱を開けにかかりました。

しかし、そんな見張りもむなしく、すぐに住職さんが出てきて、私たち3人は捕まってしまいました。

 

私たちは、本堂に連れて行かれ、そこで正座をして、住職さんの長いお話しを聞きました。

お寺とは何か、お賽銭とは何か、それに手をつけるということがどういうことなのか、お話しはずっとずっと続きました。

足がしびれ始めたところで、住職さんが「おたたきをします」と言い、立ち上がるように指示しました。

「おたたき」というのが何か分かりませんでしたが、言葉の響きと雰囲気から、叩かれるんだな、ということは想像できました。

畳の上で正座していた私たちは、立ち上がって、住職さんの指示を聞きました。

 

そこで、「おたたき」がお尻叩きのことだと分かりました。

「おたたき」をすると、体の中から悪いものが出ていく、ということらしいです。

住職さんは、ズボンを下ろすように言い、私たちは、少し戸惑いながらもズボンを脱ぎました。

洋服の裾をなるべく伸ばして、パンツを隠しました。

 

そんな抵抗もむなしく、さらに住職さんは、パンツも脱ぐように言います。

お尻を直接叩かないと、「おたたき」の効果がないというのです。

さすがにこれには、3人ともすぐには従えません。

 

グズグズしていると、住職さんの口調が厳しくなったので、拓海と隆次が脱ぎ始めました。

私は、お前は女子だから、と言われるのが嫌だったので、我慢してパンツを脱ぎました。

脱いだパンツは、すぐに丸めて、ズボンで包みました。

洋服を限界まで伸ばして、お股とお尻を隠します。大き目の服だったので、何とか隠れてくれます。

 

拓海が最初に「おたたき」を受けました。

正座している住職さんのももの上に、覆いかぶさるように乗って、お尻を叩かれました。

お友だちのお尻叩きなんて始めて見ました。

20回くらい、お尻を叩かれ、拓海のお尻はほんのり赤くなっていました。

 

次に、隆次です。不安なので、拓海のときよりも、よく観察しました。

最初、隆次のお尻をナデナデしてから、お尻の緊張がゆるんだところで、住職さんのお尻叩きが始まります。

隆次のお尻は、住職さんの大きな手で、満遍なく叩かれ、全体が少し赤くなりました。

 

最後に私です。

ここで、住職さんが今さらなことを言いました。

「ん?君は、女の子さんだったのか…」

住職さんは、今まで私のことを男だと思っていたようです。

 

確かに私は、いつも男子2人と遊んでいて、髪型もショートカット、しかも後ろをカリアゲているので、よく男子と間違えられました。

スカートが嫌いなので、ズボンしか穿かなかったし、さっきから洋服を伸ばして大切なところは隠していました。

パンツは女の子のものだけど、パンツを脱いだときは、なるべく見えないようにすぐにズボンで包んだので、気がつかなかったのだと思いました。

 

「まあ、しかし、仏様の前では、男性も女性も関係ありません。一人の人間です。さあ、おたたきをします。」

そう言って、住職さんは、自分のももをポンポンと叩きました。

私は、住職さんのももの上にかぶさるように乗りました。

 

伸ばしていた洋服が、あっけなくまくられます。拓海と隆次にお尻を見られました。

幼馴染の拓海と隆次とは、家族で旅行に行ったこともあって、一緒にお風呂に入ったこともあります。

でも、それは、幼稚園の頃や、低学年の頃の話しで、最近のことではありません。

まさか、小学校を卒業して、そろそろ中学生だというときに、2人にお尻を見られるとは思ってませんでした。

 

住職さんは、2人のときと同じように、お尻をナデナデしてから、ペンペンと叩きました。

思っていたよりは痛くはありませんでした。

それよりも、拓海と隆次の2人にお尻を見られたことのほうがショックでした。

 

「おたたき」が終わると、次に住職さんは、「大廊下の雑巾がけをして心をきれいにしなさい」と言いました。

大廊下というのは、本堂を囲む廊下のことで、長い板の間になっていました。

 

3人は並んで雑巾がけをしました。

ズボンとパンツは脱いだままなので、すべてが丸見えでしたが、3人並んでいるので、拓海と隆次に恥ずかしいところを見られることはなく、少し安心しました。

たまに、雑巾がけで高く突きあげたお尻を、住職さんが「おたたき」しました。

 

雑巾がけをしている途中で、拓海が住職さんに呼び出されました。

拓海は、本堂の奥の控え室のようなところに入っていきました。

その間、隆次と2人で雑巾がけです。

 

しばらくして拓海が戻ってくると、泣いていました。

拓海が泣く姿なんて、ほとんど記憶にありません。

 

拓海は「おたたきされた」と言い、お尻を見せました。

拓海のお尻は、さっきとは比べ物にならないほど真っ赤になっていて、ミミズばれのようなものができていました。

次に、隆次が呼ばれ、やはり隆次も戻ってくると、お尻を真っ赤にして泣いていました。

 

最後に、私が呼ばれ、控え室のようなところに入りました。

そこは、本堂と同じように畳が敷いてあり、そこに、住職さんは正座をしていました。

奥の机の上に木魚を叩く棒が置いてあり、私は、それで「おたたき」を受けるんだと思いました。

あの棒で叩かれたら、拓海のお尻みたいに、ミミズばれになるのも分かります。

 

住職さんは、四つんばいになるように言いました。

少し恥ずかしかったけど、部屋の中にいるのは住職さんだけで、拓海と隆次はいないので、さっきよりは少しはマシかなと思いました。

住職さんの前に四つんばいになると、黒い布で目隠しをされました。

これは、余計なことを考えずに、心を無にするためだそうです。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 大山
    • 投稿日:2016/04/14(木) 15:40:48 ID:A4NjMyNDM

    その糞坊主、警察に突き出すべきだったですね…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報