2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

野外コンサートで熱中症になった可愛い女の子を下心で介抱したエロい男

この記事の所要時間: 152

昔、B○夏の野外のコンサートで、前の女の子が可愛くて、コンサートどころじゃなかった。

立ち上がって、ノリノリ状態の女の子の香りが、股間を刺激してきていた。

シャンプーなのか、体臭なのか、香水なのか解らないけど、思わず目の前の頭を嗅いでいた。

 

JUMPしながら、曲にノリノリだ。

ミニスカがまくれあがり、白いパンツが丸見えだ。

すると、小雨がふりだした。

炎天下でアゲアゲ状態をクールダウンさせ、誰一人濡れるのをかまわずにノリノリだ。

Tシャツが濡れて、ブラの線がくっきり現れてきた。

横乳を見ると、けっこう巨乳だ。

 

夕方になり、トークも終わり。ハデな曲にヒートアップ。

女の子は、相変わらず気分はMAXで、頭をシェイクしだした。

まだまだ曲は続くのに、この娘もつのかなって思った。

矢先に、フラフラと俺に倒れかかった。

 

ラッキーだ。

手を添えるが、豊満な乳をガッチリと手のひらにホールド。

「君、大丈夫?」

「う~ん。ほげほげ~」

 

熱中症だ。

俺は、友達が倒れた事も気づかない連れの女の子に、

「熱中症だから。水分取らせてくる」

と伝えた。

そのまま彼女を抱き抱えて、そのままコンサート会場を出てラブホに入った。

 

ラブホでは水分を与え、ぬるめの水風呂に体をつけて、クールダウンさせた。

バッチリ、彼女の芸術的なナイスボディを堪能した。

さらに、風呂の彼女に気づかれないようにパンツを拝借し、ベッドで究極の生脱ぎパンティをクンクンしながらオナをした。

彼女も気分が回復し、一通り説明したことで事情を知り、事件化は回避。

俺のプラチナチケットを不意にした事を謝りながら、俺の優しさに感激して連絡先を交換してくれた。

 

その後は紆余曲折あり、今その娘は俺の優しくて、可愛くて、ナイスボディで、才色兼備な奥さんだ。

パンツに精液つけるくらいで、無理矢理にセックスをしなくて、正解だったなって思う。

でも、少しだけ罪悪感は残ってる。

 閲覧回数:1,632 PV
 評価:12345 4.00 (1 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報