2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

某AVメーカーのロリ作品に汁男優として参加した時の衝撃エロ体験

この記事の所要時間: 417

数年前、某アダルトビデオメーカーのロリ作品に汁男優として参加した。
その日出てきた女の子は身長150センチもない細身の子。
どう見ても12・3歳くらいに見える。表情もあどけないし、話し方もかなり幼かった。
一応18以上ということで説明されていたが、内心では「マジかよ」と疑った。うちの姪っ子が小学6年だが、体つきも喋り方も同じくらい。

さいしょは水着で撮影開始。俺達素人の汁男優組はまだ出番ではないのでモニター裏で待機。
ドラマ風なやりとりがされたあと、父親?役の男優が豹変。たぶん台本には無かったと思うのだが無理やりな感じでフェラチオを強要。
その子はオエオエ言いながら時々めちゃくちゃ咳込んで必死にフェラ。その男優のちんちんがまたデカイ。女の子は涙目。

かわいいビキニ姿の小さな女の子が目の前で無理やりな感じでフェラチオさせられてる光景はなんとも言えず、その場の空気的にも「やばいでしょ」という感じに。
スタッフらしき男がとなりの男にひそひそしゃべってるのが聞こえる。
ジュニアのイメージブイって聞いてただろうしかわいそうにとか言っている。

俺のペニスはさっきまでの勃起がうそのようにぐったり垂れてしまっている。見ると他の男どもも半分くらいはぐったりペニス。だが中にはギンギンにペニスが立ち上がってる奴らもいる。ロリコン野郎か。

 

男優の乱暴なイマラチオが済んだところで、俺達に出番の声がかかる。
照明に照らされてるベッドの上には女の子がぐったりと放心状態で横たわっている。口のまわりや水着の部分部分にたぶん男優の精液がべったり。きたねー。

監督から「本番」と号令がかかり、女の子を取り囲む形で俺達は自分のペニスをシコシコ。こんな状態でも勃起できる俺のペニス。頭の中で他のAV女優のことを思い浮かべながら必死にシコシコ。
となりの奴、向いの奴、ななめ前の奴、次々と女の子の腹や胸、顔などに射精していく。いつものことだがイカ臭い空気が漂いはじめる。
女の子はレイプでもされたかのように射精されても体を動かさない。もう気力ものこってないのか目がうつろ。
俺も一気にイキそうになり、女の子の腹にむかって射精。カメラがすげえ近寄ってくる。照明が熱い。

そこにさっきのヤバそうな男優が全裸で入ってきて、ぼこぼこのデカちんを見せびらかすかのように女の子の股のところにあてがう。
「疑似プレイか」と思った瞬間に、水着をずらしてそのあいだからデカマラをぐいぐいと挿入していった。マジか!
その場の空気が凍りついたが、次の瞬間に、さっきまで気でも失ってたかのように静かだった女の子が聞いたこともないような大きな声で悲鳴。ぎゃああああー

え?なんで?え?
動揺する汁男優の素人男たち。

女の子は叫びつづける。演技なのか?リアル?
いやあああー痛いいいいやあああー
「これレイプ作品じゃないよな」と俺は募集要項を思い出すが、よく思い出せない。

そのかんにも男優は軽々と小さな女の子の体を持ち上げ浮かすようにしながら突きまくる。
女の子の上半身が大きく揺れる。俺達の精子が飛び散る。
あまりの貧乳でおっぱいが揺れることもない。ただ、人形のように小さな女の子が大人の男に突き刺されたまた上下に大きく揺れている。

 

そして地獄の宴会が始まった。男優がいくぞと言いデカチンを引き抜き女の子の顔にぶっかけたのを合図のように、ロリコン野郎と思われる汁男優数人が「いいっすか」とか「尻希望」とかわめきながら、女の子に群がり、鬼畜のように女の子を犯しまくった。
さっきまであんなに大きな声で悲鳴をあげた女の子ももう無言になっている。ていうか意識朦朧状態。

ヌルヌルになってる女の子の体をうつ伏せにしたり、尻を持ち上げたり、貧乳を無理やり寄せてみたり、口に突っ込んだり、アナル以外はOKだからと男優が笑いながら俺達に声をかける。
俺は勃起しないので、ここでリタイア。一応、女の子の足をさすってみたり、それっぽく取り囲む男たちの輪に加わった。

そのまま30分くらいたったのか、1時間くらいたったのか。監督から「カット」と号令がかかり。
「やりすぎだよ」と笑いながらスタッフや男優が頭をたたかれたり尻を蹴られたりしてて、いちばん下っ端のようなスタッフの男が「おつかれさまでしたー」と妙に明るい声で俺達に言ってくる。
ロッカールームで交通費支給しまーすと、さっきまでのことが何もなかったかのように言ってくる。

俺達汁男優はぞろぞろとロッカールームに戻る。女の子は放置。見ると、誰がかけたのかバスタオルが体にかけられている。が、女の子は横たわったまま。
汁男優たちは順番に並んでシャワーをして、無言で着替えて、おのおの勝手に帰って行った。
俺も交通費を受け取り、チラシを何枚ももらい、誓約書にサインをして、撮影現場をあとにした。

町はなにもなかったみたいに普通に生活がされている。
俺は、あれ以来、トラウマになり、彼女とのエッチがうまくできなくなってしまった。勃起不全の治療中だ。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報